金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 



 瀧澤さん、今日は宜しくお願いいたします。現在、選択型システムトレードは海外系のものも多い中で、「TOPSCOLA‐Auto」について、今日は色々とお話を伺いたいと思います。まずは御社の簡単なプロフィールから教えてください。

 はい。弊社は2003年12月設立の独立系企業で、システムトレードという投資手法をベースにしたコンテンツなどを、個人投資家・金融機関にサービス提供している投資助言・代理業の登録業者です。主要メンバー(役員)は銀行のディーリングなど市場業務経験者で、テクニカル分析コンテンツ「シグナルマップ」などといったウェブコンテンツ事業全般では、大手の証券会社やFX企業に多くの納品実績があります。

 選された売買システムの中から投資家が好みの売買プログラムを選ぶだけで、誰でも簡単にシステムトレードが始められる「TOPSCOLA‐Auto」。そのサービス概要から話していただけますか。

 「TOPSCOLA-Auto」は他の選択型システムトレード自動売買サービスと異なり、売買システムの構築からユーザーインターフェイスの設計・開発まで、弊社が「一元開発」したシステムで、金融機関への提供方法はASP等、「サービス」の貸し出しによる形式になります。当初は自動発注機能が搭載されていないFX売買シグナル配信サービス「TOPSCOLA」としてスタートし、その後、株価指数先物やコモデイティ(商品先物)にも対応させた後、「TOPSCOLA」+「自動発注機能」として「TOPSCOLA-Auto」をサービスインさせ、選択型FX自動売買サービスとして店頭FXおよび取引所FX(くりっく365)において納品実績があります。もちろんFXだけではなく、「TOPSCOLA-Auto」においても株価指数先物やコモデイティ(商品先物)でのサービス提供が可能ですし、技術的には安定したレートの提供さえあれば、リリースまでの開発期間は必要になりますが、どのようなアセットでも対応は可能です。

 なるほど。では、投資家から見た場合の特徴についてはいかがでしょうか。

 利用者は、予め用意された1,200本余りの売買プログラムから、選ぶだけで選択型システムトレードが行えます。プログラム本数と投資家の勝率は必ずしも一致するものではありませんので、弊社は本数も然ることながら、幅広い分野に精通した自社の技術者によりプログラムされ、且つ高度の品質チェックを受けた、システム、売買プログラムともに純国産のサービスを金融機関に提供しています。過去には、システムレベルやリテラシーなどをしっかりチェックした上で、外部のプロバイダーから売買プログラムの提供を受けた実績もあります。
また、トラックレコードや売買ルールは公開しているので、利用者は売買ロジック等を確認してから自動売買が開始できますし、PC電源をOFFにしても売買プログラムは夜中でもトレードを行います。さらに手動決済も可能なほか、PC版の場合は専用アプリのダウンロードは必要なく、ご利用のブラウザでそのままサービスをご利用いただけます。取引画面も、初心者にも優しいシンプルなユーザインターフェースで、直感的操作を可能にしています。



  では、他社の同様のサービスと比べて、「TOPSCOLA-Auto」の強みというのはどんなところにあるのでしょうか。

 はい、弊社サービスの強みには以下が挙げられますね。


「TOPSCOLA-Auto」は、他の選択型システムトレードのサービスと異なり、売買プログラムの構築から ユーザーインターフェイスの設計・開発まで全てを弊社が「一元開発」しています。 「一元開発」には、成果を出している利用者の情報(売買プログラムや設定金額等)を売買プログラムの開発などに活用したり、取引所・OTCを問わず、FX以外のCFDやINDEX(株価指数先物)など様々なマーケットに技術を転用できる強みがあります。
また、高度な開発・運用体制により、導入されたクライアント企業の岡三オンライン証券様の「アルゴトレード365」では導入後約2年間で弊社システムに起因する障害実績は一度もありません。
インフラ監視&サービス監視システムにより、24時間・365日監視し、異常を検知するとすぐ対応できる体制を整えています。


他社の事例では、投資家が選択して発注した売買プラグラムの集合体が結果としてのポートフォリオになるようですが、レコメンド機能搭載のオスピスの「TOPSCOLA-Auto」では定期的に搭載中の全売買プログラムの中から「より収益性が高く、より最大損失が小さい売買システムの組み合わせ」を分析し、 その結果から最も成績が良かった組み合わせを「
推奨ポートフォリオ」として画面上で紹介しています。「まとめて自動売買」機能を使えば、推奨されたの売買プログラムを同時に発注することが可能です。


この他にもサポートコンテンツとして、預託証拠金に対して発注数量が適切かどうか診断してくれる「リスクマネジメント」機能があり、過度なリスクを抱える取引をしようとした時は、適正な上限数量をナビゲートするほか、現在とっているリスク量が一目で分かる「リスクメーター」といったサポート機能を搭載しています。
さらに、売買の判断をサポートする売買プログラムの「ランキング表示はもちろん、複数の好みの条件(勝率・損益などの評価項目、分析時間枠、通貨ペア、順張り系/逆張り系など)に合致する売買プログラムを自動的に抽出してくれる「カスタム検索」も大変ご好評をいただいています。


「TOPSCOLA-Auto」なら「iPhone/Android」対応の専用アプリも提供できます。PCの機能はほぼそのままに、 売買システムの検索やランキング機能はもちろん、いつでもどこでも売買システムの稼動状況を確認できます。注文の約定時には「プッシュ通知」でリアルタイムにお知らせするほか、手動決済もスマートフォンで行うことが可能です。


サービス導入時のAPI接続等に関わる費用について、弊社はここでビジネスをしようとは考えていませんので、開発費実費程度をご負担いただく程度です。またランニングコストについても他の事例と比べて金融機関様の競争力確保に繋がる条件がご提示できますので、詳しくは一度お問い合わせいただければと思います。


導入された金融機関様のメンバーズサイトにログインしなくても、「TOPSCOLA-Auto」の各種最新情報が手軽に照会できるサテライトサイト(アルゴトレード365のサテライトサイト)を提供します。サイトは導入企業様用にカスタマイズし、運用はオスピスが行います。会員様へのサービス、新規顧客の集客用に多いにご活用いただけるサービスです。




 それでは最後に、システム構成概要およびメッセージを頂戴できますか

 はい。取引所FX(くりっく365)の場合の大まかなシステムフローは左の図のイメージになり、導入企業様の取引プラットフォーム(APIなど)を経由して取引所と接続する形となります。投資家である利用者は「自動売買」も現行サービスの「裁量取引」も取引可能となり、口座残高確認や帳票類確認、入出金指示などは導入前と同様に「裁量取引プラットフォーム側」で行っていただきます。また、接続APIの仕様は弊社ににありますが、もちろん接続先に合わせ改修も可能です。


「TOPSCOLA-Auto」は導入企業側の開発は不要で、FIXプロトコル等で接続するだけで、金融機関様の現行のレートでのサービス提供が可能なので、ご契約から2~3ヶ月程度でリリースできます。
コスト競争がほぼ限界に近づいているなかで、事業収益を確保するためには、 バリュー(付加価値)の高い、魅力的なサービスの提供が欠かせません。ぜひ、投資助言業者でもある弊社オスピスのジャパンブランドのサービス 「TOPSCOLA-Auto」を、商品ライアンナップの一つとしてご検討の対象に加えていただければ幸いです。(了)


◎2014年4月4日(金)公開 取材レポート






◎株式会社オスピス WEBサイト

◎オスピス関連 取材コンテンツ(2013.12.03公開)
【オスピス】投資家向けのマネーフェアとしてはダントツで中国最大級のイベント『第11回上海金融博覧会」!オスピス 瀧澤 氏による現地視察レポートを公開!



(制作:グッドウェイ メディアプロモーション事業部 03-3297-2581 info@goodway.co.jp )
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.