金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 

2019/07/22

22日の中国本土市場概況:上海総合1.3%安で反落、資源・素材セクターに売り

| by:ウェブ管理者
*17:04JST 22日の中国本土市場概況:上海総合1.3%安で反落、資源・素材セクターに売り
週明け22日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比37.23ポイント(1.27%)安の2886.97ポイントと反落した。上海A株指数も下落し、39.02ポイント(1.27%)安の3023.75ポイントで取引を終えている。

企業業績の悪化懸念がくすぶる。米中貿易摩擦の長期化を背景に、これから公表される主要企業の決算が低調だとの観測が広がった。また、本日取引開始したハイテク・スタートアップ企業向け株式市場「科創板」では、上場25銘柄すべてが急騰。メイン市場の物色意欲が薄まったとの声も聞かれた。上海総合指数は段階的に下げ幅を広げている。

業種別では、資源・素材の下げが目立つ。中国北方稀土(600111/SH)が6.8%安、洛陽モリブデン(603993/SH)が3.4%安、永輝超市(601933/SH)が3.1%安、宝山鋼鉄(600019/SH)が1.3%安で引けた。自動車株、消費関連株、ハイテク株、医薬品株、海運株、金融株なども売られている。


外貨建てB株も値下がり。上海B株指数が2.74ポイント(0.94%)安の287.24ポイント、深センB株指数が5.41ポイント(0.56%)安の966.84ポイントで終了した。

一方、上述の科創板では、取引初日に軒並み急騰。安集微電子科技(688019/SH)が公募価格の約5倍、西部超伝導(688122/SH)が約4倍、心拍医療(688016/SH)が約3倍などを記録した。

【亜州IR】





《FA》

17:04 | 注目トピックス 外国株

ニュースコンテンツ提供元

【株式会社フィスコ】

 フィスコは、資産形成に資する最も有益なサービスの提供を命題に掲げ、迅速かつ正確な情報の分析・編集・配信により、幅広い情報配信ネットワークを構築。金融機関、インターネット金融商品取扱業者、機関投資家のほか、ヤフーなどポータルサイトを利用する個人投資家にも金融情報を提供、ネットを通じた金融情報配信業者として圧倒的な知名度を誇っています。


※当サイトで提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありませんことを、あらかじめご了承ください。
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.