金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 

2019/07/22

マザーズ指数は反落、終日軟調な推移、メディア工房はストップ高

| by:ウェブ管理者
*16:32JST マザーズ指数は反落、終日軟調な推移、メディア工房はストップ高
 本日のマザーズ指数は反落となった。先週末の米国市場は米中協議を見極めたいとの思惑やイラン情勢を巡る地政学リスクへの懸念から下落。日米で決算が本格化することも様子見姿勢を強める要因となるなか、日経平均は売り先行で取引を開始。マザーズ指数も同様の流れとなり、個別物色は散見されたものの、全体としては終日軟調な推移となった。なお、マザーズ指数は反落、売買代金は概算で649.26億円。騰落数は、値上がり140銘柄、値下がり131銘柄、変わらず19銘柄となった。
 個別では、そーせい<4565>がマザーズ売買代金トップにランクイン。GNI<2160>やサンバイオ<4592>、フェニックスバイオ<6190>、リボミック<4591>などバイオ株の下げが目立った。また、Link-U<4446>が15%安、フィードフォース<7068>が10%安となるなど直近IPO銘柄の一角も売りに押された。その他、ロゼッタ<6182>、SHIFT<3697>、FFRI<3692>、PKSHA<3993>などが売られた。一方、中国向けにWebサービスをリリースしたと発表しストップ高まで買われたメディア工房<3815>を筆頭に、国内証券が新規でカバレッジを開始したGameWith<6552>などに関心が向かった。その他、ソシャルワイヤ<3929>、UUUM<3990>、弁護士コム<6027>、トビラシステムズ<4441>、エスユーエス<6554>などが上昇。
《FA》

16:32 | マザーズ市況

ニュースコンテンツ提供元

【株式会社フィスコ】

 フィスコは、資産形成に資する最も有益なサービスの提供を命題に掲げ、迅速かつ正確な情報の分析・編集・配信により、幅広い情報配信ネットワークを構築。金融機関、インターネット金融商品取扱業者、機関投資家のほか、ヤフーなどポータルサイトを利用する個人投資家にも金融情報を提供、ネットを通じた金融情報配信業者として圧倒的な知名度を誇っています。


※当サイトで提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありませんことを、あらかじめご了承ください。
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.