金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2017/10/11

【証券知識普及プロジェクト】平成29年度「投資の日」記念イベント~小学生を対象とした特別授業「チャレンジ!お菓子の株式会社」を東京証券取引所で開催!

| by:ウェブ管理者


 2017年10月2日(月)、 日本証券業協会日本取引所グループ、各取引所(東証、大阪取引所、名証、福証、札証)、投資信託協会など証券9団体で構成する「証券知識普及プロジェクト (事務局:日本証券業協会)」は、東京証券取引所 Arrowsで初となる小学生向け投資ワークショップ「投資の課外授業~チャレンジ!お菓子の株式会社」を 開催した。

 本ワークショップは毎年10月4日を「投資(とうし)の日⇒2017年より証券投資の日に呼称変更。特設サイトはこちら」とした一連のPR活動の一環で開催されたもので、金融街・日本橋兜町周辺にある小学校より5~6年生20名を募集して行われた。




 東京証券取引所 Arrowsで初となる小学生向け投資ワークショップ。参加者である小学生のほか、ご父兄、メディア、スタッフ、JPX関係者等がフロアーで開会を待つ。



お菓子の新商品を考え、ポスターを作り、新商品を発表して、応援したい会社に投資する!

 開会後、日本証券業協会のスタッフがワークショップの進め方について説明。今回は3~4名の班に分かれてお菓子の株式会社を設立。各会社が売り出したいと考えるお菓子のコンセプトやパッケージを開発、手作りポスターも作成し、投資家から資金を集める為の新商品の発表会を実施する。その後、それぞれが『小学生投資家』となり、自らが応援したいと思う会社に対して模擬紙幣で“投資”を行い、株式会社が行う「資金調達」を学ぶという内容だ。




【第1部】特別授業「チャレンジ!お菓子の株式会社」 まずはユニークなコンセプトの新商品を考え、ポスターなど発表の準備を急ぐ!

 説明が終わった後は早速、会社(グループ)単位でのワークショップに移り、子供らしい感性によるユニークなお菓子のアイデアについて意見を出し合い、グループとしての提案内容をまとめていきながら発表の準備を進める。



「とうしくん」も登場し、いよいよ新商品の発表!各グループが順にステージでオリジナルなお菓子の企画をPR

 「証券知識普及プロジェクト」のマスコットキャラクターで、「ゆるキャラグランプリ2017」にもエントリーしている「とうしくん」も登場して、いよいよ発表の時間。各グループが順番にステージに上がって代表者が新作お菓子の概要やコンセプトを発表。小学生がはにかみながら一生懸命に発表する様を見詰めるご父兄や関係者の温かい眼差しも印象的だ。



発表後、『小学生投資家』が最も気にいった会社へ模擬紙幣で“投資”

 各グループとも自分達のグループ(会社)の株を買ってもらおうと必死のアピール!結果発表では調達額50万円未満の会社が多い中、「日本橋株式会社」が100万円以上の資金調達に成功し、見事1位に輝いた。



【第2部】スペシャルゲスト 株主優待名人・桐谷 広人氏を迎えてのイベント

 第2部には株主優待で著名な桐谷氏が登場して証券投資の魅力をアピール。その後、桐谷氏考案のお菓子「健康ビターチョコレート」と日本橋株式会社の「もちグミ」の決選投票が行われ、見事小学生チームが優勝した。



 海外の小学校では金融経済教育が積極的に取り入れられているなか、証券知識普及プロジェクトでは、未来を担う子どもに向けて、東証にて初の“投資の課外授業”を開催し、株式投資の意味や株式会社の存在意義を学ぶ機会を提供。同様の活動を国内の多くの小学校でも開催し、リテラシー教育の推進を図っているという。

 「証券投資の日」特設サイトでは、記念イベントやクイズ、キャンペーンなど役立つ情報が盛り沢山で掲載されているので、個人投資家やこれから資産形成や投資を勉強してみようという方はぜひ一度訪れてみたい。




(取材、撮影、記事、編集・制作: 柴田 潔 @株式会社グッドウェイ )



15:56 | 写真:投資家向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.