金融&IT業界の情報サイト
 
 

日誌

【金融業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/09/26

【大和総研】金融庁、NISA恒久化・相続税評価を継続要望 今回は、つみたてNISA1年延長・相続財産譲渡時課税の見直しも要望

| by:ウェブ管理者
サマリー
◆2018年8月31日、金融庁は「平成31年度 税制改正要望項目」(以下、金融庁要望)を公表した。

◆金融庁要望では、NISA制度の恒久化が2017年度から引き続き掲げられている。今回は、「つみたてNISA」については、2019年以後も20年の積立投資ができるよう、「新規投資が可能な期間」を1年延長することも掲げられた。

◆NISAの利便性向上の観点からは、海外転勤時等の継続利用、成年年齢引下げに伴う対応等も掲げられている。

◆上場株式等の相続税に係る見直しも2016年度から引き続き掲げられている。今回は、相続により取得した上場株式等を譲渡した際、当該上場株式等の取得費に相続税額を加算できる措置につき、現行の期間制限(相続税の申告期限日から3年以内の譲渡)の撤廃も掲げられた。


原文はこちら
https://www.dir.co.jp/report/research/law-research/tax/20180926_020334.html

15:05 | 金融:証券
ヘッドライン検索
サイト内検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date

 

UAT4

UAT4
一件も該当記事はありません。

作業エリア

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.