金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2019/05/13

【東京金融取引所】2019年度の取引所の施策と取り組みについて、「社長記者会見」開催!

| by:ウェブ管理者


 2019年4月24日(水)、東京金融取引所は、東京八重洲にある鉄鋼ビルディングにおいて、「2019年3月期 財務諸表の概要」と「2019年度 業務計画」の報告を行った。


 記者会見では、木下 信行氏(東京金融取引所 代表取締役社長)が登壇し、2019年3月期決算概況と上場商品の取引数量推移について解説し、主力商品のくりっく365は前年度比6.5%増となったことなどを報告した。
 
 「2019年度 業務計画」について、各上場商品の市場環境と取引見通しは昨今の相場環境を背景に慎重な見通しとなっており、いずれの商品も昨年度と同程度な取引高を見込んでいる。取り組み等については、販売チャンネルの拡充や商品の多様化を図り、FXクリアリング事業に取り組み、金利指標改革や規制の変化に伴う市場参加者のニーズに対応する。商品や制度の見直しを行い投資家層の拡大を図り、FXクリアリング事業の開始に向けて、システムの整備と安定稼働を目指したいと語った。

 質疑応答にて金及び原油ETFの上場について質問があり、新システム稼働後を前提に今は前段階の商品設計の整備をしていく方針など説明した。今後の東京金融取引所の取り組みに注目したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )






14:47 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.