金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
取材レポート >> 記事詳細

2019/10/11

【PyData.Tokyo】データ分析・機械学習関連のトピックについて深く議論、交流!「PyData.Tokyo Meetup #21」を開催!

| by:ウェブ管理者


 2019年9月29日(金)、PyData.Tokyoは、三井住友海上火災保険 駿河台新館 7階 イベントホールにおいて、「PyData.Tokyo Meetup #21 LightGBM / Optuna」を開催した。

 PyData.Tokyoは企業・スタートアップ・学会等の各方面で活躍している Pythonistaが、データ分析・機械学習関連のトピックについて深く議論、交流するためのコミュニティで、今回は「LightGBM / Optuna」をテーマとして開催され、当日の参加者は250名であった。



 開演冒頭、主催から挨拶およびPyDataの概要や当日のアジェンダについて説明が行われた。会場は東京・駿河台の三井住友海上火災保険 駿河台新館で、PyData Tokyo Code of Conductに賛同した多くの参加者で開演前から満席となるなど盛況となった。



 講演「LightGBM」では、大元 司氏(AlphaImpact取締役)が登壇し、Microsoft社製のブースティングライブラリであるLightGBMの概要・長所・短所などを解説。使う際のパラメータチューニング、注意点なども紹介し、講演の最後には質疑応答も行った。



スポンサーセッションとして、近田 伸矢氏(三井住友海上 デジタル戦略部 部長)が登壇。冒頭に近田氏がExcel VBAで作成したパックマンを披露し会場を沸かせた後に、三井住友海上のデータサイエンスについての取組みについて述べた。


 続いて、後藤 真央氏(三井住友海上)が、三井住友海上のデータエンジニアリングの業務について紹介、データサイエンティストの募集を案内した。



 全てのプログラムが終了後は懇親会も開催され、乾杯の挨拶を本山 智之氏(三井住友海上 デジタル戦略部長)が行って交流会がスタート、閉会まで歓談が続いた。

 PyData Tokyoは「Python + Dataを通じて、世界の PyData エクスパートと繋がるコミュニティーを作る」ことを目標としているといい、今後の活動方針としては中規模でお互いの顔が見えるコミュニティーでの勉強会を中心に、三回に一回くらいの割合でハッカソン的な開発イベントも企画していきたい考えだ。ご興味のある方はイベントの予定をご確認いただきたい。





12:15 | 取材:金融・IT業界向け

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.