金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/09/11

【日本クラウドキャピタル】国内取引量No.1株式投資型クラウドファンディング「ファンディーノ」日本初、普通株式と新株予約権2種類の取り扱いを開始ファン投資家へ「ファンディーノ型新株予約権」新サービスリリースのお知らせ

| by:ウェブ管理者
~個人投資家ファーストの優しい設計にこだわった日本初の仕組み~

日本初!国内取引量No.1 株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」を運営する 株式会社日本クラウドキャピタル(本社:東京都品川区、代表:柴原 祐喜/大浦 学)は、新たに、ベンチャー企業が、新株予約権を利用して資金調達でき「ファンディーノ型新株予約権」のサービスをスタートします。「ファンディーノ型新株予約権」による1号案件は9月10日に事前開示をしております。これにより、ファンディーノは普通株と新株予約権の2種類を取り扱う、株式投資型クラウドファンディングのプラットフォームとなりました。

◆「ファンディーノ型新株予約権」について
個人投資家は、ファンディーノを通じてベンチャー企業の「ファンディーノ型新株予約権」を購入することができます。日本初の金融商品である「ファンディーノ型新株予約権」は、スタートアップ企業に共感するファン投資家を増やしたいという思いを込めてリリースしております。

◆個人投資家ファーストの優しい設計
1)投資機会の多様化:
「ファンディーノ型新株予約権」でベンチャー企業が抱える様々な資金調達ニーズに対応することで、日本クラウドキャピタルでは投資家の皆様に今までよりも一層幅広い企業を多数ご紹介することが可能になります。

2)個人投資家保護の強化:
M&A時に普通株式の株主より優先的に買収金額を分配される設計とし、ダウンバリュエーションによるM&Aに対するリスクヘッジをしています。

3)情報開示:
「ファンディーノ型新株予約権」の購入では、株主とはなりませんが、株主同様ベンチャー企業の決算情報等を定期的に受け取ることが可能な設計にしています。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000083.000021941.html

15:04 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.