金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【金融業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/05/17

【農林中央金庫】JAバンクへの共同ATM設置にかかる農林中央金庫とローソン銀行との合意について~2019 年度から、JA や信農連の希望する JA バンク ATM を共同 ATM に代替設置~

| by:ウェブ管理者
農林中央金庫(東京都千代田区、代表理事理事長 奥 和登、以下「農林中金」)と株式会社ローソン銀行(東京都品川区、代表取締役社長 山下 雅史、以下「ローソン銀行」)は、JA バンクへの共同ATM の設置について合意し、2019 年度より、農業協同組合(以下「JA」)や信用農業協同組合連合会(以下「信農連」)が希望する ATM について、ローソン銀行 ATM への代替設置を進めてまいります。JAバンク、ローソン銀行ともに、共同 ATM の代替設置は今回が初めての取り組みとなります。

JA バンクとは、JA バンク会員である JA、信農連、農林中金で構成するグループの総称で、農業者などの組合員などを対象に総合口座や各種ローンなどの金融サービスを提供するとともに、2018 年 9 月末現在、全国に約 12,000 台の ATM を設置しています。JA バンクでは、2018 年 12 月に公表した JA バンク中期戦略※において、重点的に取り組む四つの事業展開の一つに「組合員・利用者接点の再構築」を掲げ、将来を見据えた店舗・ATM の再編に取り組むこととしています。この戦略に基づき、農林中金とローソン銀行は 2019 年 1 月 15 日に今般の合意を締結いたしました。ローソン銀行では、JA バンクの ATM について、ローソン銀行 ATM への代替設置を希望する JA や信農連と ATM の設置に関する契約を個別に締結し、置き換えを進めてまいります。

ローソン銀行 ATM への代替設置により、JA や信農連は、ATM の設置・運営にかかるさまざまな負担軽減を図りつつ、お客さまへの利便性の維持が可能となります。また、JA バンクのキャッシュカードをお持ちのお客さまが JA バンクの提携 ATM として ATM サービスをご利用いただけることはもちろん、各銀行や信用金庫などを含む幅広い金融機関のカードをお持ちのお客さまもご利用いただけます。ローソン銀行 ATM は海外で発行されたカードにも対応するため、訪日外国人のお客さまの利便性向上にも貢献いたします。ローソン銀行では、「私たちは“みんなと暮らすマチ”を幸せにします。」という企業理念のもと、今後とも、金融機関の皆さまと一緒に“マチ”の活性化に取り組むことを目指してまいります。


原文はこちら
https://www.nochubank.or.jp/news/news_release/2019/jaatm.html

15:04 | 金融:銀行
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.