金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/10/10new

【日本マイクロソフト】第一生命が「攻めと守りの IT」を支えるハイブリッドクラウド基盤「ホームクラウド」を構築

| by:ウェブ管理者
~Microsoft Azure を採用、デジタルトランスフォーメーションの実現に向けた次世代システム基盤を実現~

日本マイクロソフト株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役 社長: 吉田 仁志)は、第一生命保険株式会社(本社: 東京都千代田区、代表取締役 社長: 稲垣 精二)が推進する次世代システム基盤「ホームクラウド」を構築したことを発表します。「ホームクラウド」は、全社的なデジタルトランスフォーメーションを推進するための基盤として、2019 年 9 月末より運用を開始しています。「ホームクラウド」は、Microsoft Azure 上で構築されており、PaaS を活用することで、システム構成やメンテナンスなどに関わる工数を省力化し、システム運用の効率化とビジネス要件に対する俊敏性向上を図っています。

「ホームクラウド」は、全社的な取り組みとしてデジタルトランスフォーメーションを継続していくことを目的にした第一生命の次世代システム基盤です。デジタルトランスフォーメーションの実現に必要となる、、既存システムのモダナイゼーションなどの「守りの IT(モード1)」と、環境の変化に対応する競争力強化を図る「攻めの IT(モード2)」の両方を支えるプラットフォームとして構築されています。

「ホームクラウド」では、オンプレミス環境とのデータ連携機能を共通サービスとして用意するとともに、クラウドとオンプレミス環境を統合的に運用できるハイブリッド運用環境を整備しています。また、「ホームクラウド」上で利用するシステムの運用をより効率の良い方法に最適化しながら、ビジネスの要件に対するシステムの俊敏性を高めるため、PaaS でのクラウド利用や、Azure DevOps と連携した開発を推進しています。

今後、第一生命は Azure PaaS をより積極的に活用し、グループ会社も含めた利用拡大や事業継続計画対応機能の拡充などを予定しています。

日本マイクロソフトは、第一生命と連携し、Azure PaaS をはじめとするクラウドを活用した同社のデジタルトランスフォーメーションを支援するとともに、第一生命が進める健康増進・QOL 向上に繋がる「予防・早期発見(Prevention)」の提供に貢献していきます。


原文はこちら
https://news.microsoft.com/ja-jp/2019/10/10/191010-dai-ichi-life-home-cloud/

15:08 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.