金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/10/17

【ISID】人工知能(AI)技術による大規模データ解析サービス「CALC」に新機能を搭載 ~ 投入データにない隠れた要因を推測する技術を実装 ~

| by:ウェブ管理者
株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井節生、以下ISID)、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所(本社:東京都品川区、代表取締役社長:北野宏明、以下ソニーCSL)およびクウジット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:末吉隆彦)は、3社が共同で事業展開する人工知能(AI)技術による大規模データ解析サービス「CALC(カルク)」に新機能を搭載し、本日より提供を開始します。最新版では、投入データに含まれない隠れた要因を推測する技術を実装しました。

3社は、ソニーCSL が開発した独自のAI技術であるCALCを2017年5月に製品化し、解析ツール、データ分析、コンサルティングなどを含む統合的なサービスとして提供しています。CALCは、従来の解析手法では推定が難しいデータ内関係因子における直接的な要因・原因を抽出することが可能な技術で、これまでに、自動車、精密機械、重工業、化学、サービスなどの業界において、品質改善、顧客満足度、マーケティング、人事など様々な領域で、問題の予防や改善などの施策検討に活用されています。

このたび3社はさらに開発を進め、投入データに含まれない隠れた要因の存在と、それがどこにあるかを推測する機能を、新たに搭載しました。大規模データ解析では、求める結果に対して投入データが必要十分か否かを判別しづらいことが課題とされていますが、本機能の活用により、分析結果に影響を与える重要なデータが不足しているかどうか、どこに不足する要因があるかを知ることができます(例示参照)。これにより、追加すべきデータを推定し、それを収集するための施策を検討するなど、効果的なPDCAサイクルを確立することが可能となります。


またこの他にも、データ中の欠損レコードを自動処理する機能や、重要な複数要因の組み合わせを自動抽出する機能、スマートなダッシュボード機能など、大規模データ解析の効率化を支援する各種機能を新たに搭載しています。 3社は今後、CALCのさらなる機能拡充を図り、幅広い領域でAIの実務適用を加速させることにより、顧客企業や社会の課題解決に貢献してまいります。


原文はこちら
https://www.isid.co.jp/news/release/2018/1016.html

16:03 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.