金融&IT業界の情報サイト
 
 

日誌

【金融業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/09/27

【大和証券グループ本社】住友林業株式会社によるグリーンCB発行のお知らせ

| by:ウェブ管理者
このたび大和証券グループは、住友林業株式会社(以下「住友林業」という)が平成 30 年 9 月 27 日に発行する転換社債型新株予約権付社債(以下「本グリーン CB」という)の引受けにおいて単独ブックランナー兼共同主幹事引受会社を務めましたので、その概要についてお知らせいたします。

本グリーンCBは、グリーンボンド原則(注)に則し、かつ大手評価機関よりセカンドパーティ・オピニオンを取得した世界で初めてとなる転換社債型新株予約権付社債(グリーン CB)となります。住友林業は、「住友林業グループ中期経営計画 2018」(以下「本中期経営計画」という)において、“新たなステージへ向けた変革の推進”をメインテーマとして持続的な成長が可能な事業構造の構築に取り組んでおり、また、CSR 活動を個別の活動にとどめることなくグループ全体の企業価値向上に結び付けていくため、事業と一体で推進しています。住友林業は、本グリーン CB の発行による手取金により、本中期経営計画期間において大型の投資の一つであるニュージーランド山林資産の取得により減少した手元資金のリファイナンスを行い、その全額は 2018年 12月末までに運転資金の確保を目的として借り入れた短期借入金の返済に充当される予定です。

住友林業は、同グループの環境投資への積極的な取り組みを幅広いステークホルダーの皆さまに認知いただくとともに、国内外における ESG 投資市場の活性化と裾野の更なる拡大の一助となることを企図し、本グリーン CB を発行した、としています。
大和証券グループは、過去 10 年以上にわたる継続的な商品の開発と提供を通じて、社会的課題の解決や未来の社会および金融・資本市場の発展に寄与すべく尽力してまいりました。また、本年より代表執行役社長 中田誠司を委員長とした『SDGs 推進委員会』を設置し、グループ横断的に SDGs への取り組みを進めております。今回の住友林業が発行するグリーン CB の引受・販売はそうした取り組みの一環であり、当社グループは今後も、SDGs 達成に向けて貢献するとともに、投資家の皆さまに新たな投資機会を提供してまいります。


原文はこちら
http://www.daiwa-grp.jp/data/attach/2598_128_20180927b.pdf

16:16 | 金融:証券
ヘッドライン検索
サイト内検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date

 

UAT4

UAT4
一件も該当記事はありません。

作業エリア

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.