金融&IT業界の情報サイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2021/04/07new

【富士通】富士通とパロアルトネットワークス、ゼロトラストネットワーク事業で協業

| by:ウェブ管理者
富士通株式会社(注1、以下、富士通)とサイバーセキュリティのリーディングカンパニーであるパロアルトネットワークス株式会社(注2、以下、パロアルトネットワークス)は、このたび、日本国内におけるゼロトラストネットワーク(注3)事業で協業することに合意しました。

昨今、企業のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)対応や働き方改革が加速し、テレワークの導入やクラウドサービスの利用が拡大する中、情報漏えいなどのセキュリティリスクへの対策や通信帯域の逼迫に対するネットワーク環境の最適化が課題となっています。

パロアルトネットワークスは、クラウドからネットワーク、モバイルデバイスまで一貫したセキュリティ対策を講じるための包括的なセキュリティサービスをグローバルに提供しています。「Prisma Access」(プリズマアクセス)は、クラウドから企業が必要とするネットワークおよびセキュリティ機能を網羅的に提供するプラットフォームであり、あらゆるアプリケーションのトラフィックを防御し、優れたユーザー体験とともに安全なテレワークを実現します。本協業により、「Prisma Access」と富士通のネットワーク構築や運用におけるマネージドサービスを組み合わせることで、ゼロトラストネットワーク基盤上のトラフィック制御や認証をはじめとする多様な機能設定の一元管理や更新を可能とし、ゼロトラストネットワーク環境の最適化を実現します。

富士通は、働き方改革の実践知とテクノロジーを融合させたソリューション群「FUIJTSU Work Life Shift」を提供しています。その中で、今回、ゼロトラストネットワークソリューションのひとつとして、5,000社を超えるお客様のネットワーク構築・運用で培ったノウハウをもとに、日本国内のお客様への「Prisma Access」の導入およびネットワーク環境の最適化などを支援する「FUJITSU Managed Infrastructure Service FENICS CloudProtect Zero Trust Network powered by Prisma Access from Palo Alto Networks」を提供します。これにより、ニューノーマル時代のデジタルインフラを実現するソリューション強化を図り、柔軟なネットワークとより強固なセキュリティ基盤を必要とされるお客様のニーズに対応していきます。

両社は、今後、日本国内におけるゼロトラストネットワーク事業を拡大し、2024年3月末までに日本国内での売上100億円を目指します。


原文はこちら
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2021/04/7-1.html

16:03 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.