金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2018/05/05

【MFS】金融機関の融資確率推定機能と不動産情報を連携、オンライン上で最適な住宅ローンが選べる住宅ローンプラットフォーム「モゲチェックPLUS」記者発表会を開催!

| by:サイト管理者


 2018年1月17日(水)、MFSは、トラストシティカンファレンス京橋において、「モゲチェック」新機能と住宅ローンプラットフォーム「モゲチェックPLUS」について記者発表会を開催した。



 記者発表会では、中山田 明氏(MFS 代表取締役社長)が登壇。住宅ローンを最も有利な条件で借り入れできる世界の実現を目指し、2016年4月のサービス開始から1年9ヵ月で住宅ローン取扱額累計で100億円を突破(2018/1/17時点)したとし、今回、住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」をリニューアルし、個人の信用スコアを分析して金融機関の融資確率を推定する新機能を紹介。また、ケイアイスター不動産と業務提携し、2018年7月を目途に、融資確率の推定機能と不動産情報を連携し、オンライン上で最適な住宅ローンが選べる住宅ローンプラットフォーム「モゲチェックPLUS」の開発を目指すことを明らかにした。



 発表会の中では、正藤 清美氏(じぶん銀行 コンシューマーファイナンスユニット コンシューマーファイナンス営業部 部長)が登壇。じぶん銀行の住宅ローンが選ばれた理由(魅力的な金利、パソコン・スマホで完結、がん50%保証団信などの保障内容)やキャンペーンについて紹介した。



 続いて、土屋 陽一氏(ケイアイスター不動産)が登壇。ITを駆使した新しい不動産サービスを生み出すべく、AI・IoT・AR/VR/MR・Cloudを活用した次世代型不動産業を確立していくとし、MFSとの業務提携と取組みへの抱負を語った。




 全てのプログラムが終わり、フォトセッション、囲み取材が行われた。

 中山田氏によると、今後のトレンドとして、マーケティングからクロージングまでのネット完結するようになり、提携ローンから本格的なオンライン住宅ローン媒介(ブローカレッジ)の時代へとパラダイムシフトが起きるという。

 より大きな金額を、より低利で融資できる金融機関を見つけると共に、個別金融機関の融資確率を算出することで、借り換えアプリからオンライン住宅ローンマッチングサービスへと進化する新モゲチェック。MFSと不動産会社との連携を含め、今後の展開に注目したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




08:48 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.