金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2017/11/22

【NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション 】NTTコム オンライン、証券業界を対象にしたNPSベンチマーク調査2017結果を発表~最もNPSが高いのは、SBI証券

| by:ウェブ管理者
 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:塚本 良江、以下NTTコム オンライン) は、証券業界を対象に、顧客ロイヤルティを図る指標であるNPSの業界ベンチマーク調査を実施しました。この結果、最もNPSが高いのは、SBI証券となりました。

 業界全体でみると、「合理的な手数料」や「使い勝手の良さ」、「リスク等の説明のわかりやすさ」で満足度が高かったネット証券が、対面証券よりもNPSが高い結果となりました。また、個人投資家の中にも金融リテラシーにばらつきがあり、リテラシーの高い層ほどNPSが高い傾向が見られました。証券業界の情報提供を通じた投資家の金融リテラシーの向上が、NPSの底上げにつながる示唆が得られました。

 「顧客本位の業務運営」(フィデューシャリー・デューティー)についても調査したところ、22.3%が認知していることがわかりました。

調査結果の詳細はこちらからご覧ください:
https://www.nttcoms.com/service/nps/report/sec/

<調査結果のポイント>

1.証券業界のNPS1位はSBI証券
 証券会社10社のうち、NPSのトップはSBI証券の-22.3ポイント。最下位の企業との差は43.9ポイントであり10社の平均は-47.2ポイントとなった。
 業界全体でもっとも回答が多かった推奨度は「5(どちらともいえない)」の32.8%となった。

2.対面証券とネット証券でNPSに差
 対面証券(5社)と、ネット証券(5社)にわけて分析すると、 NPS平均は対面証券が-60.0ポイントに対し、ネット証券が-34.4ポイントとなり、ネット証券のほうが、よりNPSが高い結果となった。

3.「合理的な手数料」や「使い勝手の良さ」でネット証券に高い評価
 「商品のラインナップ・魅力」、「説明のわかりやすさ」、「PCやスマホでの使い勝手の良さ」など17の要因別に重要度と満足度を調査したところ、重要度が高いにもかかわらず満足度がのびなかった(重要度と満足度のギャップがもっとも大きかった)項目は、「サービスの対価に見合った合理的な手数料」。次いで、「セキュリティの信頼性」、「資産運用に対する期待通りの成果」となった。

 対面証券とネット証券にわけて分析すると、重要度の高い「合理的な手数料」や「PCやスマホでの使い勝手の良さ」や、「リスク等の説明のわかりやすさ」といった項目で、ネット証券への評価が高い結果となった。

 また、今回NPS1位となったSBI証券は、「商品のラインナップ」といった商品面、「PCやスマホでの使い勝手の良さ」、「他の金融機関との連携の良さ」といった使いやすさ、「合理的な手数料」といったコスト面など、多くの項目で業界トップの評価を得ていた。

4.金融リテラシーが高い層ほどNPSが高い傾向
 「複利計算への理解」や「インフレへの理解」など5つの金融リテラシー関連設問を聞いたところ、正答数が多い層ほど、NPSが高い傾向が見られた。全問正解だった層のNPSは-37.6ポイントと、正答数が0~2つだった層の-52.7ポイントよりも高くなった。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000107.000006600.html

16:05 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.