金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2015/05/22

【ネオキャリア】『世界を動かすアブローダーズ~日本を飛び出し、海外で活躍するビジネスパーソンたち~』出版記念基調講演を開催!

| by:ウェブ管理者


 2015年5月15日(金)、ネオキャリアはTHE ROOM DAIKANYAMAにおいて、『世界を動かすアブローダーズ~日本を飛び出し、海外で活躍するビジネスパーソンたち~』出版記念基調講演を開催した。

 ネオキャリアは転職や就職・派遣就業支援、人材採用支援を行う企業。
アブローダーズ(ABROADERS)とは海外を意味するabroadと人々を表すersの造語であり、日本を飛び出して海外で活躍する人々のことを指している。



 会場は、
Za HOUSEビル2FのTHE ROOM DAIKANYAMA。入り口には『世界を動かすアブローダーズ~日本を飛び出し、海外で活躍するビジネスパーソンたち~』が並ぶ。スタッフの丁寧な案内で、参加者はスムーズに席についてゆき会場はすぐに満席となった。



 冒頭にネオキャリア 代表取締役 西澤 亮一氏が挨拶。本日のイベントの目的として、書籍に登場する26名のアブローダースの方々をコネクトすると共に、参加者とも交流して、お互いの事業の成長に繋げるためであること、また、後述の吉岡氏の講演を聞いて、自身がそうだったように皆さまにも心が震えることを体感してほしいためであるとした。その後、アブローダーズアワード2015の授賞式が行われた。



 続いて、基調講演「アジアに挑戦すること」と題してジャパンハート 代表 医師 吉岡 秀人氏が講演を行った。ジャパンハートは医療支援団体としては数少ない日本発祥の国際NGO。ミャンマーをはじめ、アジアの途上国や日本の僻地・離島、被災地などの医療が届かないところに医療を届ける活動をしている。



 講演では吉岡氏が海外で活動するようになった経緯から、現地での様々な課題を、医療制度や設備が整っている日本とは真逆の苛酷な環境の中で、一つ一つ自分ができることをしていき、今では多くの協力を得られるようになったことや、吉岡氏の医者としての倫理観について語った。その中でも、口の中にガンができてしまい、母乳も飲めない赤ちゃんの話では、悲しい思い出は人は忘れていくようにできているから、母親は母乳を飲ませることもできずに死んでしまった赤ちゃんのことを忘れてしまう。なら、たとえ治療しても助からない命であっても、母乳を飲ませれば、一瞬でも暖かい思い出があったなら、思い出は残り、母親も赤ちゃんも救われると思う。という話にはとても感動した。



 講演後、記念撮影を行い、パーティーが催された。各テーブルにはアブローダーズが活躍するアジア各国の国旗が飾られており、参加者は交流してみたい国旗のあるテーブルへ集まるというものであったが、盛り上がるにつれて、垣根を越えて盛んに交流が行われていた。

(取材、撮影、記事、編集・制作:村上 遥 @株式会社グッドウェイ )

≪関連レポート≫


14:12 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.