金融&IT業界の情報サイト
 
 

日誌

【金融業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/08/28

【矢野経済研究所】有力FX企業16社の月間データランキング~2018年7月~

| by:ウェブ管理者
株式会社矢野経済研究所は、FX(外国為替証拠金取引)店頭取引市場における有力企業16社のアンケート調査を実施し、2018年7月末の預かり残高、口座数、2018年7月の月間取引高を算出した。*1. 集計対象は、預かり残高15社、口座数16社、取引高12社、いずれも無回答を除く。*2. SBIグループはSBI証券、住信SBIネット銀行、SBI FXトレード3社の店頭取引の合算値。GMOグループはGMOクリック証券、FXプライムby GMOの店頭取引の合算値。

1.調査結果概要
【 預かり残高 】
企業単体集計の2018年7月末の預かり残高の第1位はGMOクリック証券で1,520億円、第2位のDMM.com証券は1,316億円であった。企業グループを加味した集計では、第1位がSBIグループ*2の2,328億円で、第2位はGMOグループ*2の1,702億円となった。2018年7月末の有力FX企業15社*1の預かり残高の合計は、9,761億円であった。7月は本調査対象企業15社すべて(その他企業2社含む)で預かり残高が増加し、前月比112億円増(1.17%増)となった。また、企業グループを加味した場合、前月比で最も高い増加率はトレイダーズ証券(12.55%増)、次いでFXプライムbyGMO(2.44%増)であった。


【 口座数 】
企業単体集計の2018年7月末の口座数の第1位はDMM.com証券で67.6万口座、第2位のGMOクリック証券は54.9万口座となった。企業グループを加味した集計では、第1位がSBIグループ*2の110.9万口座で、第2位はGMOグループ*2の73.1万口座であった。2018年7月末の有力FX企業16社*1の口座数の合計は、481万口座であった。7月は前月比3.3万口座増(0.69%増)となった。本調査対象企業16社すべて(その他企業2社含む)で口座数が増加した。また、企業グループを加味した場合、前月比で最も高い増加率はGMOクリック証券(1.04%増)、次いでGMOグループ(0.93%増)であった。

2.注目トピック
【 月間取引高 】
2018年7月の月間取引高の第1位はGMOクリック証券で54.4兆円(百万通貨を1億円として換算)、第2位はDMM.com証券で49.7兆円(同)であった。2018年7月の月間取引高は、有力FX企業12社*1の合計で195兆円(同)となった。7月は前月比21.6兆円減(9.97%減)で、本調査対象企業12社中8社(その他企業1社含む)で取引高が減少した。また、前月比で取引高が増加したのはマネックス証券(12.46%増)のほか、その他企業3社であった。


原文はこちら
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001976

15:12 | 金融:FX・CFD
ヘッドライン検索
サイト内検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date

 

UAT4

UAT4
一件も該当記事はありません。

作業エリア

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.