金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2019/06/19

【平和不動産、山種不動産、ちばぎん証券】再開発ビル名称「KABUTO ONE」に決定、「(仮称)日本橋兜町7地区開発計画」起工式を開催!

| by:ウェブ管理者


 2019年05月21日(火)、平和不動産は、山種不動産ちばぎん証券と共同で進めている「(仮称)日本橋兜町7地区開発計画」の起工式を計画地現地にて開催した。

 起工式当日に建物名称は「KABUTO ONE」であることも明らかにされた再開発ビルは、オフィス・店舗のほか、金融貢献施設(ホール・カンファレンス、ライブラリー・ラウンジ)などから構成される建物となる予定となっている。



 生憎の荒天のため設営されたテント内で行われた起工式には、土本 清幸氏(平和不動産 代表取締役 社長業務代行 専務執行役員)、木下 典夫氏(山種不動産 取締役社長)、花島 恭一氏(ちばぎん証券 取締役社長)が出席。厳かに式が執り行われた。



 式次第に従って地鎮の儀などが粛々と取り行われる。



 起工式終了後、山田 和雄氏(平和不動産 取締役 常務執行役員)が囲み取材に応じ、東京国際金融センター構想と再開発との関連性についての質問に対し、「兜町の再開発は8年かかってようやく1件目に着工できた。これを第1期の1号案件として、2号案件もきるだけ時間を空けずにやっていきたい。すべてを壊して新しい街を創っていくというよりも、地域の資産を活かしていこうという考えで、第一銀行や証券取引所の資産も残しつつ、新しい最先端のビルも作って発展する。開発コンセプトは、『投資家と企業との交流拠点』で、投資家の方々にも来ていただいて色々交流できる場になればと期待している。」と語った。

 ビル名称「KABUTO ONE」には「これまでも、これからも、兜町が日本経済において不変の始まりの地=基点であり続ける」という想いを託し、 2021年7月に建物地上部分および駐車場が開業する予定で、2023年2月の工事完了を目指している。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




18:13 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.