金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/02/05

【SAS Institute Japan】SAS Japan、2019年度のビジネス戦略を発表~デファクト・スタンダードであるインダストリ・ソリューションの展開と、SAS Viyaの推進でお客様のイノベーションへ貢献~

| by:ウェブ管理者
アナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:堀田徹哉、以下 SAS)は、本日2019年度のビジネス戦略を発表しました。

2018年度は、ソフトウェア売上・サービスにおいて2桁成長を達成し、2017年度に引き続き過去最高の売り上げを更新し、増収増益を達成しました。デジタル・トランスフォーメーションに欠かせない、アナリティクスモデルの管理、実業務への展開、実行の結果の評価までの一連のアナリティクス・ライフサイクルを提供するSAS Viyaビジネスの大幅な躍進、中堅中小市場および西日本エリアにおけるビジネスの成長も大きく貢献しました。

特に金融業においては、メガバンク・地銀・証券における、FATF(Financial Action Task Force)の対日審査に向けたアンチ・マネーロンダリング(AML)ソリューションのドミナント展開や、AIテクノロジーの規制対応業務への展開が進みました。またライフサイエンスの分野においては、臨床試験データのセキュアな公開を可能とするCTDT(SAS Clinical Trial Data Transparency)の導入により、製薬会社のグローバルスタンダードへの対応を促進、またSAS Viyaを活用したイノベーションのための基盤導入が加速しました。近年成長著しい製造業、流通業、リテール業では、鉄道・航空など、大手運輸会社における顧客サービス高度化のための大規模アナリティクス基盤導入や、需要の高精度予測に基づくサプライチェーンの自動化・最適化のためのDDPO(SAS Demand Driven Planning & Optimization)の導入、R&D領域へのAI・アナリティクスの適用や、マテリアルズ・インフォマティクス(*1)、トライボロジーなど新製品開発プロセスにAI技術でイノベーションをもたらす取り組みが増加し、お客様のデジタル・トランスフォーメーションへの貢献し、SASの成長を強力に牽引しました。

■2019年度 戦略の柱
2019年も引き続きデジタル・トランスフォーメーションが加速し、AIやIoTなどの最先端のアナリティクスの実業務への適用、効果創出がさらに加速すると予想されます。膨大なデータからAIやIoTを活用したビジネス価値創出には、「アナリティクス・ライフサイクル」が欠かせません。こうした状況を鑑み、SASは、以下3点を軸に2019年度の事業を推進します。

・コアビジネス領域の成長
・カスタマーリレーションの強化
・将来へ準備と社会への貢献




原文はこちら
https://www.sas.com/ja_jp/news/press-releases/2019/february/2019-02-05-business-strategy-2019.html?m=pr

15:07 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.