金融&IT業界の情報サイト
 
 

日誌

【金融業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/09/07

【イオン銀行】 AI(人工知能)を活用した文書データ解析の実証実験開始について~RPAロボットにAI(人工知能)を組み合わせた業務改革~

| by:ウェブ管理者
イオンフィナンシャルサービス株式会社(代表取締役社長:河原 健次)の子会社である株式会社イオン銀行(代表取締役社長:渡邉 廣之、以下、当行)は、銀行業務における文書データの解析にAI(人工知能)を用いる実証実験を開始しましたので、お知らせします。

当行では、店頭にて金融商品を提案・販売した際のお客さまとのやりとりを店舗の販売担当者が記録し、それを本部のコンプライアンス担当者が、お客さまへの商品性やリスクに関する説明が必要かつ十分であるか確認をしています。しかしながら、膨大な件数を1件ずつ読んで確認していたために多大な時間がかかることが課題となっていました。

こうしたお客さまサービスに係る確認業務を効率化するために、株式会社FRONTEO(代表取締役社長:守本 正宏)が、独自に開発したAI(人工知能)エンジンKIBIT※の文書解析技術を用いたモニタリングの実証実験を行います。

当行では、お客さまとのやりとりの記録について、既にRPA(Robotic Process Automation)を活用したロボットを用いて形式的な入力漏れ・相違等の確認を行っていますが、本取り組みにより、お客さまへの説明が法令等が定める適合性の原則に沿って適切に行われているかを検証します。これにより堅確な手順に従った販売を行うことによる「お客さま本位」の営業体制の構築およびコンプライアンス上の業務効率化に伴う担当者の負荷軽減による「働き方改革」の実現に資するものと考えております。

今回の実証実験を一定期間実施した後、その結果を検証したうえで実施範囲を拡大し、他の業務にも活用していくことを展望しています。

当行は今後も、RPAやAIを活用した業務改善に積極的に取り組んでまいります。


原文はこちら
https://www.aeonbank.co.jp/file.jsp?company/release/data/2018/pdf/n2018090701.pdf

15:05 | 金融:銀行
ヘッドライン検索
サイト内検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date

 

UAT4

UAT4
一件も該当記事はありません。

作業エリア

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.