金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
取材レポート >> 記事詳細

2019/06/13

【アイルランド政府商務庁 / KPMGジャパン】RegTech最新動向とスタートアップを紹介、「アイルランドRegTech企業フォーラム」開催!

| by:サイト管理者


 2019年5月29日(水)、アイルランド政府商務庁およびKPMGジャパンは、あずさ監査法人 東京事務所において、「アイルランドRegTech企業フォーラム」を開催した。

 この日は、数多くのRegTechのベンチャーが立ち上がるアイルランドからキーパーソンを招き、RegTech企業の最新動向やサービスについて紹介。会場には、RegTechに興味を持つ金融機関および事業会社から多くの担当者が訪れた。



 開会挨拶では、山﨑 千春氏(有限責任あずさ監査法人 マネージング・ディレクター)が登壇。お礼の言葉と共に、近年の規制対応では、これまでドキュメントベースで行っていた報告から、経営情報に関するデータ(データベース)をそのまま出さないといけない状況に変質しているとし、従来の手法では追いつかないとした。また、リーガルテクニカルな順守だけではなく、実態として機能しているかどうかが求められているとし、アイルランドのソリューションへの期待と、時代に合った開発環境やエコシステムを共に創っていきたいと語った。

 講演「アイルランドのレグテック(フィンテック)エコシステム - レグテックの最新動向とグローバル市場で活躍するアイルランド企業の事例」では、Billy Hanley氏(アイルランド政府商務庁 RegTech / 投資ファンド、ファンド・アドミニストレーション シニア・アドバイザー)が登壇。アイルランドの特徴でもあるテクノロジーや金融サービスのハブとしての位置づけや、RegTechエコシステム、アイルランドのスタートアップ業界の動向や規制について解説した。



 講演「RegTechの動向と成功のポイント-ソリューションプロバイダの選定」では、津田 圭司氏(KPMGコンサルティング ITリスクマネジメント ディレクター)が登壇。

 講演「RegTechスタートアップ企業の役割、国際金融都市としての発展に向けて」では、有友 圭一氏(一般社団法人 東京国際金融機構 専務理事)が登壇。



 講演「Blockchainを活用したGecko Governance のコンプライアンス、レギュレトリーソリューションの概要」では、Patrick Purcell氏(Gecko Governance ヘッド オブ テクノロジー&プロダクト・イノベーション)が登壇。

 講演「クライアント・ライフサイクル・マネージメント(CLM)クライアント・オンボーディングからオフボーディングまでのプロセスの高度化」では、関 正名氏(Fenergo 日本代表)が登壇。



 パネルディスカッション「RegTechの将来」では、Billy Hanley氏、有友 圭一氏、津田 圭司氏がパネリストとして登壇、東海林 正賢氏(KPMGジャパン フィンテック推進支援室 室長)がモデレーターを務めた。パネルでは、RegTechを取り巻く現状認識として、日本および海外の顧客から具体的に上がっている声として、ステークホルダーのマネジメントの難しさ、各国における規制と解釈の違いといった課題への対応、テクノロジーやソリューションの活用状況や工夫している点などについて、それぞれの私見が披露された。



 全ての講演終了後に行われたネットワーキング・ドリンクでは、Mo Harvey氏(アイルランド政府商務庁 Head of Fintech - Asia)による乾杯に続き、比留間 玲子氏(アイルランド政府商務庁 首席商務官)より挨拶。登壇者や多くの来場者同士の挨拶、名刺交換、意見・情報交換など最後まで賑わいを見せた。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




16:11 | 取材:金融・IT業界向け

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.