金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2017/09/12

【CAMPFIRE】クラウドファンディングに「ビットコイン決済」導入~ コインチェック社の「Coincheck payment」を採用

| by:ウェブ管理者
株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:家入 一真 / 以下、CAMPFIRE)は、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」にて、2017年9月12日より、コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田晃一良 / 以下、コインチェック)の決済サービス「Coincheck payment(コインチェックペイメント)」を導入し、同日よりCAMPFIREでプロジェクトを支援する際のビットコインによる決済を可能と致しました。多様な決済手段のご提供により、クラウドファンディングでのプロジェクトの実行者・支援者を後押しすべく、今後も環境整備を進めて参ります。

○クラウドファンディング「CAMPFIRE」におけるビットコイン決済の導入について
CAMPFIREは2011年よりクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」を運営しており、これまでに8,000件以上のプロジェクトを掲載し、プロジェクトに対する総支援者数は約30万人、流通金額は32億円に達しました。この度のビットコイン決済の導入により、クレジットカードでは難しかった高額支援や海外からの支援を容易に行うことが可能となります(※1)。さらに、2017年4月に行われた改正資金決済法等の施行以降、注目を集めているビットコインを導入することにより、決済システム導入のノウハウを構築して参ります。
※1:郵送の規定・送料等が国内外で異なりますため、海外からのご支援の際は、必ず支援前にプロジェクト実行者までお問い合わせいただきますようお願い致します。

○CAMPFIREのビットコイン決済導入後の未来
株式会社CAMPFIREは、企業・個人が安心して仮想通貨をファイナンス手段として利用するマーケットを創造し、CAMPFIRE経済圏を拡大していくための布石として、2017年3月に仮想通貨取引所「FIREX」を開設致しました。同時にビットコイン、ブロックチェーンのユースケース開発にも取り組んでおり、ビットコインがチームコミュニケーションツール「Slack(スラック)」上で手軽に送付できるSlackbot「OKIMOCHI(オキモチ)」を2017年8月よりご提供しております。また、ビットコインのセカンドレイヤーと呼ばれる「Ligntning Network(ライトニングネットワーク)」等の新技術の専門チームによる検証も進めており、今後も仮想通貨領域の新技術のプロダクト開発への技術の応用・転用を図って参ります。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000075.000019299.html

18:03 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.