金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2017/09/14

【インフォテリア】南都銀行が「Handbook」を採用し75種類以上のカタログを電子化、約140拠点で活用し営業準備時間の削減と業務効率化を実現

| by:ウェブ管理者
インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下 インフォテリア)は、株式会社南都銀行(本社:奈良市橋本町、取締役頭取:橋本隆史、以下 南都銀行)が、渉外担当行員全員が活用する商品パンフレットを含む各種資料の一括管理、タブレットへの配信ツールとして、国内モバイルコンテンツ管理市場で 市場シェアNo.1※を獲得している「Handbook(ハンドブック)」を採用したことを発表します。

南都銀行が「Handbook」を採用した背景と目的

 南都銀行は、奈良県を中心に約140の拠点を持つ地域金融機関で創立90周年までのビジョンを「活力創造銀行」として、銀行および営業地域の活力を創造する銀行を目指し活動しています。

 同行の渉外担当行員は、75種類以上の多くの商品からお客様に最適な商品をスムーズに提案することが求められます。そのため、渉外担当行員が持ち歩くパンフレットの紙コストの削減や、誤って古い情報をお客様へお見せしてしまうリスクの排除などが課題となっていました。

 そこで同社は、タブレット端末の導入・活用を決定し、NTTドコモの「ビジネスプラス」ラインアップのうち使い勝手がよくセキュリティ要件を満たす「Handbook」の導入に至りました。

<Handbook採用のポイント>

(1)複数の提案のうちHandbookが最も使い勝手がよかった
(2)厳しいセキュリティ要件に合うプランで利用することができた
(3)パンフレット(PDF)の閲覧だけでなく、勉強会の動画の登録など、複数用途で効果的に利用できた

Handbookを導入した効果

 導入後は、営業活動の準備時間を大幅に短縮しお客様にあわせたスムーズな提案が可能になりCS向上に繋がっています。持ち運ぶ資料のペーパーレスの実現とともに、タブレットですべての商品パンフレットを常に最新の状態で持ち歩けることにより、誤った古い資料の利用リスクを完全に排除し、営業活動が効率化したことで渉外担当行員の提案力が向上、お客様本位の接客をすることを実現しました。

株式会社南都銀行による具体的な導入事例はこちらのサイトで紹介しています。
handbook.jp/case/salesworker/nantobank/
https://handbook.jp/case/salesworker/nantobank/


原文はこちら
https://www.infoteria.com/jp/news/press/2017/09/13_01.php

18:07 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.