金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【金融業界ニュース】 >> 記事詳細

2017/01/30

【モーニングスター】第18回 モーニングスター アワード ファンド オブ ザ イヤー2016 受賞ファンドの発表について

| by:ウェブ管理者
モーニングスター株式会社(東京都港区、代表取締役社長 朝倉 智也)は、評価対象としている国内の公募追加型株式投資信託約 5,000 本の中から、独自の定量分析、定性分析に基づき、2016年の運用成績が総合的に優秀であると判断されたファンドを『Morningstar Award "Fund of theYear 2016"(ファンド オブ ザ イヤー 2016)』に選定し、発表いたします。1999 年の発表から数えて今回が 18 回目となります。

『Fund of the Year 2016』は、国内株式大型(対象ファンド数:617 本)、国内株式中小型(同:250 本)、国際株式型(同:1,123 本)、債券型(同:1,670 本)、REIT 型(同:394 本)、バランス(低リスク)型(同:67 本)、バランス(安定)型(同:109 本)、バランス(安定成長)型(同:253 本)、バランス(成長)型(同:357 本)の 9 部門において評価を行い、『Fund of the Year 2016』を発表いたします。

今回は、2016 年の株式市場などにおけるボラティリティ(価格変動性)の高まりを背景に、資金流入の面でも活況であったバランス型ファンドについて、際立ってリスク水準の低いファンドについて新たに「バランス(低リスク)型部門」を設け受賞ファンドを選定しました。

モーニングスターでは、各ファンドをより詳細に分類した「類似ファンド分類」を導入していますが、定量評価においては、1 年間の類似ファンド分類内での相対パフォーマンスだけではなく、長期的な運用成績も重視しています。また、定性評価においては、モーニングスター独自のアンケート調査などを通じて採点を行い、最終的に、最優秀ファンド賞(9 本:各部門ごとに 1 本)と優秀ファンド賞(31 本)、合計 40 本を選定しました。

当賞は特定の会社やファンドを推奨するものではありません。過去のデータに基づき毎月公表している定量評価情報を補完すべく 1 年間の総括・評価の一環として、また、より幅広い評価情報を提供することで投資に関する知識・理解を深めていただくことを、モーニングスターアワードの目的としています。


原文はこちら
http://www.morningstar.co.jp/company/release/pdf/prs170130.pdf

18:28 | 金融:証券
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.