金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/07/22

【アクトインディ】子育て層におけるキャッシュレス化の浸透具合~最も利用したいのは、クレカ、現金、QR~

| by:ウェブ管理者
アクトインディ株式会社(本社:東京都品川区 代表:下元敬道)が企画運営する、国内最大級の子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」( https://iko-yo.net )は、12歳以下の子どもを持つ全国の保護者647名を対象に「キャッシュレス決済に関するアンケート」を実施しました。(調査期間:2019年6月3日~2019年7月1日)

【総括】

QRコード決済など、様々なキャッシュレス決済方法が話題になっている。そこで「いこーよ」では、支払い方法に関するアンケートを実施した。

最も利用したい決済方法を聞いた結果、30歳台から40歳台がボリュームゾーンとなった今回の子育て層では、「クレジットカード」が最も多く、次いで「現金」であった。一方で昨今話題のQRコード決済が、2位とは大きな差があるとはいえ、他のキャッシュレス決済を抜いて3位に入ってきているのが注目される。現金の主な利用理由が、「管理しやすいから」、「慣れているから」など従来の行動やスタイルを変えたくないことであるのをみると、現金利用者がキャッシュレス利用者になるにはまだまだハードルがありそうではあるが、キャッシュレス移行への潜在性を感じさせる。

一方、クレジット利用者がQRコード決済などのキャッシュレス決済を選択するようになるのは、2つ決済方法の利用理由が互いにとても似ていることを考えると、それほどハードルが高くない可能性がある。むしろ、QRコード決済の方がクレジットカードよりも利用メリットが比較的多くあげられていることから、魅力的だと思えるポイント還元などの特典が継続されたり、QRコード決済ができる店が増えて目にする機会が多くなったり、セキュリティに対する不安などが払拭されたりすれば、もっと関心を持つ人が増加するのではないだろうか。

【本リリースのポイント】

1.「クレジットカード」、「現金」に次いで、利用したい決済として「QRコード決済」が3位に
2.現金を利用したい理由は、今までの行動や生活スタイルを変えたくないから
3.利用者はまだ少ないが、QRコード決済の方がクレジットカードよりも比較的多くメリットが評価されている


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000102.000026954.html

16:14 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.