金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2018/03/28

【金融証券マーケットフォーラム】初の企画となる半導体がテーマの特別セミナーを日本橋茅場町のCAFE SALVADOR BUSINESS SALONで開催!

| by:ウェブ管理者


 2018年3月19日(月)、NPO法人「金融証券マーケットフォーラム」は、金融機関の運用者や調査部門向けの特別セミナー&ネットワーキングパーティーを日本橋茅場町の東京証券会館1階にあるCAFE SALVADOR BUSINESS SALONで開催した。

 IoT時代の到来、AIの進化など産業構造が変化し、ハイテク産業に投資家の注目が集まって新たな需要を得た半導体産業の成長が見込まれる中、金融証券マーケットフォーラムとしては初めて開催する「半導体」をテーマとした特別セミナーで、この日は半導体製造装置トップの東京エレクトロン 取締役相談役 東 哲郎氏が「半導体の未来予想図」と題する講演を行った。



 会場のCAFE SALVADOR BUSINESS SALONは、日本を支える金融の街、日本橋兜町・茅場町で、アイデアの種を持ち、夢に向かうアントレプレナーと、ビジネスの芽を見出し、育んでゆくインベスターが出会う場所としてオープン。ビジネスミーティングに最適なソファ席や作業デスク、セミナーにも利用できるスペースなどが用意されたCAFEだ。開演冒頭、金融証券マーケットフォーラムの理事長 志田 憲太郎氏がフォーラムの紹介などを兼ねて挨拶し、以降、理事 岡村 友哉氏の進行で講演に移った。



【講演】東京エレクトロン取締役相談役、SEMI名誉役員、SEAJ顧問 東 哲郎氏「半導体の未来予想図」~Data is the new 0il

 半導体に精通し、“半導体業界のカリスマ経営者”と呼ばれた東氏は、自社の紹介も交えながら半導体業界の歴史から現在の状況までを解説した後、IoTやAI、ロボット技術を支える半導体の未来予想図を、「Data is the new 0il~石油が前盛期の社会を変えたように、データが次の100年を変える」と語り、半導体業界が秘める大きな可能性について解説を加えていった。質疑応答タイムには参加者として来場していた武者リサーチ代表 武者 陵司氏が質問する場面も。



 終了後、軽食とドリンクが提供されて懇親会が行われ、参加者は歓談の時間を楽しんだ。

 証券会社のディーラーが中心になって始まった金融証券マーケットフォーラムは、証券業界における交流を広げ、証券市場の活性化に寄与していくことを目的として活動を継続。東京、大阪で開催の業界の懇親会「マーケットフォーラム」のほか、マーケットフォーラム・カンファレンスや今回のようなセミナーも随時開催しているので、詳細は公式サイトでご確認いただきたい。


(取材、記事、編集・制作 :柴田 潔 @株式会社グッドウェイ )




15:09 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.