金融&IT業界の情報サイト
 
 


 
【金融業界ニュース】 >> 記事詳細

2020/09/17new

【みなと銀行】みなと銀行と兵庫県下の自治体において預貯金等照会電子化サービスの試行運用の開始について

| by:ウェブ管理者
は、2021 年 1 月より、神戸市/姫路市をはじめとする兵庫県内の約 10 の自治体と連携し、株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)が提供する預貯金等照会業務の電子化サービス「pipitLINQ 」の試行運用を開始します。
本サービスは、兵庫県下では初めての取り組みとなります。2021 年 4 月から本格的な運用の開始を目指すとともに、本サービスの県下全域への展開の取り組みを強化し、行政機関・金融機関双方のデジタル化推進により、業務効率化に貢献していきます。

1. 背景
行政機関では、税公金負担や生活保護給付の公平性確保のため、法令に基づき、金融機関に対して預貯金状況の調査を実施しています。NTTデータグループでは 2017 年 8 月より関係機関と勉強会を開催してきましたが、勉強会を進める中で預貯金状況の調査には下記の課題が顕在化していることがわかりました。
金融機関では、預貯金状況の調査の際に用いられる調査依頼書は、行政機関ごとに異なる様式で、かつ書面で郵送されるため、大量かつ多様な書面が残る業務となっており、大きな人的負担が課題となっています。
また、行政機関にとっては、郵送コストの負担や、タイムリーに回答結果が得られないなど、迅速かつ適正な行政事務の遂行に向けて改善の余地が大きい状況です。
こうした課題の解決に向け、2018 年 1 月 16 日、電子行政の関係閣僚で構成する「e ガバメント閣僚会議」にて 5 ヵ年の「デジタル・ガバメント実行計画」が策定され、個別サービス改革として「預貯金等の照会」の効率化が盛り込まれました。

政府の動きを受け、NTTデータは 2018 年 8 月から実務検証にて電子化による効果や運用性の検証を行い、その成果に基づき、2019 年 2 月から pipitLINQ の提供を開始しています。
NTTデータ関西は、関西エリアの行政機関/金融機関への pipitLINQ の導入の拡大に取り組んでおり、神戸市/姫路市をはじめとする兵庫県内の約 10 の自治体と試行運用を経て、2021 年度本格運用を目指しています。

また、みなと銀行は、兵庫県下の複数の自治体において、振込データ等の授受を「インターネットバンキング」を通して提供しています。

2.pipitLINQ の概要と特長
pipitLINQ は預貯金等の照会業務を電子化する、行政機関と金融機関をつなぐ全国統一型のサービスです。
行政機関と金融機関の双方が pipitLINQ を導入することで、導入機関の間で電子データによる預貯金等の照会が可能となります。書面を取り扱う人的負担や、郵送によるコストおよび回答までのタイムラグが大幅に軽減され、迅速かつ適正な業務の実現につながります。
また、行政機関へは LGWAN-ASP サービス注 1として、金融機関向けには AnserDATAPORT®注 2の関連サービスとして提供するなど、実績のある既存の仕組みを最大限に活用注 3することで、従来の紙での情報の授受と比べ、非常にセキュアでかつ、低コストのサービスを実現しています。

3.今後について
本サービスの兵庫県全域への展開を目指して取り組みを一層強化し、行政機関/金融機関双方の業務
効率化に貢献していきます。


原文はこちら
https://www.minatobk.co.jp/topics/news/file/1609/topics20200917.pdf

15:01 | 金融:銀行
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.