金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/09/12

【RFS Management】FXシステムトレードサービス対応会社に大手ネット証券唯一のMT4取扱会社※1も追加。国内MT4対応率55.5%突破

| by:ウェブ管理者
ベッティングシステム(※2)を活用したFXのシステムトレード(自動売買取引)月額制サービス「ベッティングトレード研究会(以下、BTLと言う。)」を提供する RFS Management株式会社(代表:千代田憲明、本社:東京都中央区)は、 9月11日より新たに国内MT4(※3)取扱いFX会社2社をサービス対応会社として追加いたしました。

今回新たに追加したFX会社は、大手ネット証券唯一のMT4取扱FX会社である楽天証券株式会社と、ニューヨーク証券取引所上場のグループ会社であり、FOREX.comのブランド名で展開しているゲインキャピタル・ジャパン株式会社の2社となります。これにより、BTLは、国内のMT4取扱いFX会社9社中5社で利用が可能となります。

※1.楽天証券、SBI証券、GMOクリック証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券の6社を指しています。

※2.ベッティングシステムとは、カジノにおける戦略的に考えられた賭け方の手法のことです。

※3.MT4とは、自動売買プログラムを利用したシステムトレード(自動売買取引)が可能なFX取引プラットフォーム、MetaTrader4(MT4)です。日本国内では9社が採用しています。BTLでは、MT4に実装することでシステムトレードが可能となるExpert Advisor(EA)と呼ばれるプログラムを提供しています。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000027256.html

15:11 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.