金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/05/16

【大和総研】非財務情報とは〈未来財務情報〉である~企業分析における新たな視角~

| by:ウェブ管理者
PDFダウンロード
https://www.dir.co.jp/report/consulting/ir/20190516_020792.pdf

■サマリー

定性情報である非財務情報は、定量化可能であるーーこのことを、数々の研究が示している。近年注目が集まるSDGsないしはESGといった概念によって示されている定性情報は、やがて財務情報へと変質されるべき〈未来財務情報〉である。こうした情報は、いかにして事業計画に織り込むことが可能なのか。本稿はこの点を、事例を交えて概説する。

〈未来財務情報〉は、やがて財務情報へと転換してゆく、未実現の財務情報、まだここに存在していない経済的価値である。これを投資判断において活用することには慎重さを要する。だからこそ、当該情報は時宜を得て投資家ないしはバリュエーターへ、適切に伝達されることが必要である。本稿の最後ではこの点について、〈未来財務情報〉が資本市場で適切に伝達されるための諸条件を考察する。


原文はこちら
https://www.dir.co.jp/report/consulting/ir/20190516_020792.html

15:07 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.