金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2014/10/20

【日本金融監査協会(IFRA)】金融庁 総務企画局 参事官 堀本 善雄 氏、金融モニタリングの基本方針と金融機関経営の諸課題に関する「特別研究会」をAmazonセミナールームにて開催!

| by:ウェブ管理者



 2014年10月9日(木)、日本金融監査協会(IFRA)は、東京都目黒区のアルコタワー19階にあるAmazonセミナールーム において、金融機関の役職員約120名を対象に、金融庁・平成26事務年度の金融モニタリングの基本方針と金融機関経営の諸課題に関する「特別研究会」を開催した。



 冒頭、金融庁 総務企画局 参事官 堀本 善雄 氏が、金融モニタリングの基本方針に関して講演。金融モニタリングのオン・オフ一体化を進めている背景や意義について解説するとともに、今後、金融機関との対話を重視していく姿勢を強調した。



 次いで、FFR+代表 碓井 茂樹 氏が「金融機関リスクガバナンスの変革と経営の諸課題」と題して講演。グローバル・スタンダードを踏まえた日本企業・金融機関のガバナンス改革の必要性を語った。今後は、経営者から独立した監査機能の確立が重要であり、そのためには監査等委員会設置会社への移行が現実的な選択肢の1つになる。また、国際的にも評価される、とした。



 最後に、アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 技術本部エンタープライズソリューション部 部長/ソリューションアーキテクト 片山 暁雄 氏 が登壇し、「金融機関のクラウド活用事例」に関して講演。最近、国内の金融機関でも、ITガバナンスの強化を図りつつ、アマゾン ウェブ サービスを基幹業務・重要業務に活用する事例が増えている。金融機関のシステム監査の要請にも可能な範囲で協力しているとした。



(取材・撮影・制作・編集: 藤野 宙志 / 記事協力:日本金融監査協会 @株式会社グッドウェイ

  「リスクガバナンス研究会」
2014年9月12日 開催
構造改革下の金融機関経営
日本金融監査協会顧問/
元金融庁長官
五味 廣文 氏

 「リスクガバナンス研究会」
2014年5月9日 開催
国際金融規制・監督の将来展望
 -リスクガバナンスの強化に向けて

金融庁 監督局総務課
監督企画室長 兼 健全性基準室長
石村 幸三 氏
   「リスクガバナンス研究会」
(2014年2月20日 開催)
平成25年事務年度 金融モニタリング基本方針
-内部監査・監査役に期待される役割

金融庁 検査局
審議官 兼 公認会計士・監査審査会事務局長
佐々木 清隆 氏

 


19:07 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.