金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2018/08/31

【トーマツベンチャーサポート/野村證券】対象ベンチャー全方位、Morning Pitch「5社一体型 アクセラレーションプログラム説明会」をFinGATE KAYABAで開催!

| by:ウェブ管理者


 2018年8月8日(水)、トーマツ ベンチャーサポート野村證券は、2社が幹事となり開催しているMorning Pitchとしての企画である「5社一体型 アクセラレーションプログラム説明会」を、茅場町にある FinGATE KAYABA において開催した。

 Morning Pitchは、毎週木曜AM7時から開催しているベンチャー企業と大企業の事業提携を生み出すことを目的としたピッチイベントで、毎週5社のベンチャー企業が、大企業・ベンチャーキャピタル・メディア等のオーディエンス約100名に対しピッチを実施。今回の企画は物流、化学、通信・SI、不動産、印刷などほぼすべての領域の大企業アセットが活用できるプログラムで、ベンチャー企業と大企業の個別協業だけではなく、複数社の組み合わせも可能というものだ。


 司会進行を横山 創一氏(トーマツ ベンチャーサポート インキュベーション事業部 オープンイノベーションチームリーダー)が務め、開催の挨拶を斎藤 祐馬氏(トーマツ ベンチャーサポート 事業統括本部長)が行った。



 続いて、大平 貴久氏(トーマツ ベンチャーサポート  プラットフォーム事業部 事業部長 Fintechチームリーダー)がプログラムの概要、スケジュール、および当日の説明会の進行についての説明を行った。今後のスケジュールとしてはこの日を含めた説明会を8月に2度開催、応募締め切りは9月7日(金)、審査やアクセラレーションを経て2019年2月下旬を最終報告会としている。



 ベンチャー企業と協業を希望する大企業側のピッチがスタート。各企業の代表者が10分のピッチと8分間の質疑応答という限られた時間の中で、自社の特徴や協業についてプレゼンした。

 1社目は、セイノーホールディングス (同社のアセットなど詳細はこちらへ

 テーマ:Open doors, Find Wows!
 サブテーマ:物流じゃない物流の創造、省人化・無人化・効率化、ゼロイチ価値創造

 2社目は、ソニーネットワークコミュニケーションズ (同社のアセットなど詳細はこちらへ

 テーマ:人に近づく:新たなユーザー体験(UX)の創出
 サブテーマ:解析技術を活かした新たな体験提案、モノをつなげてサービス価値を向上、業務ソリューションにもワクワクを



 3社目は、大和ライフネクスト (同社のアセットなど詳細はこちらへ

 テーマ:人、街、暮らしを元気にする 次世代ソリューションとプロダクト
 サブテーマ:マンションに住まう35万世帯のお客様に向けた新しいサービス、価値の共創、建物の維持保全・管理業務に関する新しい発想、手法など

 4社目は、凸版印刷 (同社のアセットなど詳細はこちらへ

 テーマ:最新のテクノロジーとアイデアで日常生活に寄り添うサービスの創出
 サブテーマ:日常生活に役立つ配信コンテンツ・表現を拡張したサービス、ターゲットを、主婦基点で家族やママ友に拡大するサービスなど



 5社目は、三井化学 (同社のアセットなど詳細はこちらへ

 テーマ:化学素材とその情報を活用し、 社会課題(SDGs)を解決するイノベーション
 サブテーマ:クリーンエネルギーの拡大や環境負荷を低減する新材料/新ソリューションビジネスなど


 全てのプレゼンが終わり、今後に向けての意気込みを表現しつつ参加者全員で集合写真を撮影。その後、懇親会が行われて閉会まで歓談の時間を過ごした。

 事業のステージは問わず、1社で2つ以上のアイデアの応募、他社から出資を受けていても応募が可能な「5社一体型 アクセラレーションプログラム」が、どのような革新的なサービスとの協業を生み出すのか、最終報告会の結果が今から期待される。

(取材、撮影、記事、 編集・制作: プロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )


10:44 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.