金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2017/09/12

【NTTデータ】訪日外国人の興味を見える化する「CAFIS Attendant(TM)」を提供開始~小売事業者の多言語コミュニケーションやマーケティング活動支援~

| by:ウェブ管理者
株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、小売事業者向けに訪日外国人を対象としたマーケティング活動と購買促進をサポートする「CAFIS Attendant(キャフィス アテンダント)」を、2017年9月12日より本格的に提供開始しました。

本サービスは、購買時に訪日外国人客が手に取った商品の興味情報(商品名・言語・日時等)を収集する多言語商品説明アプリとデータ分析をする管理Webで構成され、小売事業者のインバウンド戦略のサポートを行うものです。多言語商品説明アプリは、商品バーコードを読み込むと5カ国語注1で商品の詳細情報を表示・閲覧可能とし、訪日外国人客はより安心・納得して買い物を楽しめるようになるとともに、接客スタッフの負担軽減・コミュニケーションのサポートに貢献します。また、小売事業者は、アプリで収集された購買前の興味情報を把握できるため、商品の仕入れ量や棚割りなどの店舗運営に活用することができます。
今後NTTデータは本サービスにおいて、CAFIS注2との決済連動によるスマートショッピング等、さまざまな機能拡張を検討し、インバウンド戦略のトータルサポートを提案していきます。

背景

訪日外国人旅行者数は年々増加傾向にあり、2016年には約2,404万人と過去最多を更新しました注3。「観光立国」を目指す日本政府は、訪日外国人旅行者数と旅行消費額の達成目標として2020年4,000万人/8兆円注4を打ちだし、観光を基幹産業のひとつに位置付ける施策を掲げています。こうした中、小売事業者等がインバウンド需要を取り込むには、訪日外国人客のニーズや課題を理解し、より安心・納得してショッピングしてもらう環境づくりが必要となっています。
NTTデータは、CAFISを中心にインバウンド戦略のトータルサポートを目指しています。このたび、旅行中における決済前の商品選びの段階からサポートすることを目指し、「CAFIS Attendant」を提供することとしました。まずは、インバウンドの大きな障壁となる言語に関する問題を多言語商品説明アプリにより解消するとともに、取得データを通じたマーケティング活動を支援することで、小売事業者のインバウンド戦略をサポートします。
なお、現在、株式会社キリン堂(本社:大阪府大阪市)の運営する京都エリアのドラッグストアにて、本サービスの提供を試験的に開始し、データ収集等の安定的な運用が確認できたため、2017年9月12日より本格提供を開始することとなりました。

概要

CAFIS Attendantは、データ取得用の多言語商品説明アプリとデータ分析用の管理Webで、小売事業者のインバウンド戦略をサポートするサービスです。

多言語商品説明アプリで訪日外国人客の商品理解を促進
訪日外国人客や接客スタッフは、店頭に設置したタブレットから専用アプリを通じて商品のバーコード(JANコード)を読み込むことで、商品の成分や機能、効能等、より詳細な情報を5カ国語で表示・閲覧することができます。訪日外国人客の商品理解や興味の深化につながることで、購買意欲の向上狙えるとともに、接客スタッフの負担軽減に貢献します。
なお、多言語商品説明アプリは、株式会社Paykeが運用する商品データベースと連携して開発をしています。


原文はこちら
http://news.jp.nttdata.com/c.p?02cvxUM1PQ

18:09 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.