金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/01/12

【アイリッジ】地域経済活性化と金融サービス向上を目的に電子地域通貨の導入を目指します~第一弾として2月から3ヶ月間、伊予銀行の本店役職員を対象に実証実験開始~

| by:ウェブ管理者
株式会社伊予銀行(本店:愛媛県松山市、取締役頭取:大塚岩男、以下「伊予銀行」)と株式会社アイリッジ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小田健太郎、以下「アイリッジ」)は、フィンテックソリューションによる地方創生の取り組みとして電子地域通貨の導入を目指します。

 その第一弾として2018年2月から約3ヵ月間、伊予銀行の本店役職員約400人を対象に、電子地域通貨「IYOGIN Co-in」を使用して実証実験を行いますので、下記のとおりお知らせいたします。

 電子地域通貨の導入はスマートフォンアプリを活用し、お客さまにタイムリーでメリットのある情報発信やスマートな決済サービスの提供により地域の需要を喚起するもので、地域経済の活性化および金融サービスの向上を目的としています。

 今後はこの実証実験を通じて、技術、セキュリティ、法制度や運用面における課題を抽出・検証して本格的な導入を目指します。なお、「IYOGIN Co-in」には、アイリッジの電子地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」を採用しています。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000067.000011255.html

18:04 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.