金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/01/18

【ミンカブ・ジ・インフォノイド 】ミンカブ、オウケイウェイヴとブロックチェーン分野で業務提携~企業・財務データを暗号資産(クリプトアセット)化し、信頼性・速報性・公共性の高いデータ配信サービスの実現を目指す~

| by:ウェブ管理者
 株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(以下「ミンカブ」、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:瓜生憲)と株式会社オウケイウェイヴ(以下「オウケイウェイヴ」、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松田元)は、1月18日(金)より、さらに信頼性・速報性・公共性の高い、企業・財務情報の配信サービスを実現するべく、ブロックチェーンを活用した企業・財務データ配信プラットフォームの開発における協業に合意いたしました。

 今回の合意を受け、ミンカブは、保有する全世界約100市場、約8万社にわたる企業・財務データを提供し、オウケイウェイヴは、ブロックチェーンのノウハウを活用してそれらを用いた暗号資産(クリプトアセット)化プラットフォームの開発および運営を行います。そして、両社は、互いに協力し、個人ユースおよび法人ユースの両領域で、早期の商品化を目指します。

【背景・目的】

今回の協業の背景には、投資活動のグローバル化における課題があります。現在、国や業種により会計基準の相違や、収益に対する認識方法の違いなどがあり、企業・財務情報を横並びで比較することは容易ではありません。両社は、投資活動のグローバル化が進む中、企業・財務情報を多角的な観点から、一つのデータとして見られるようにしなければいけないと考えました。そして、その課題の解決にブロックチェーン技術を活用します。情報を特定の組織が独自の判断で認証するのではなく、情報利用者や発行体、取引所など、マーケットに関わる多くの視点から多層的に認証させることにより、信頼性・速報性・公共性の高いデータの生成を目指します。

 ミンカブが有する世界約100市場、約8万社の企業・財務データと金融経済情報分野でのノウハウ、そしてオウケイウェイヴが企業向けソリューションを通じて培ってきた知見とブロックチェーンのノウハウを組み合わせることで、『開示情報は公共の資産である。ブロックチェーン技術を活用し、有用性が高く、需要のある情報を世の中に届ける』という理念の実現を目指します。また、「データを多用し、人的リソースに依存しない情報供給」という、ミンカブが今まで金融経済分野で実現した情報の変革をさらに推し進め、健全な市場の発展に寄与するよう努めてまいります。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000068.000004458.html

15:03 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.