金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【金融業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/07/23

【三井住友フィナンシャルグループ】「AI(人工知能)が株式資産を見守る」新しい投資支援サービスの提供開始

| by:ウェブ管理者
SMBC日興証券株式会社(代表取締役社長:清水喜彦、以下「SMBC日興証券」)は、HEROZ株式会社(代表取締役CEO:林隆弘、以下「HEROZ」)とともに開発したAIを活用した投資支援サービス「AI株価見守りサービス」(以下「本サービス」)を、ダイレクトコース※1のお客さま向けに7月26日より提供開始いたします。
本サービスは、株式会社三井住友フィナンシャルグループ(執行役社長グループCEO:太田純、以下、当社グループを総称して「SMBCグループ」)が運営する共創プログラムであるSMBCBREWERY※2から創出したサービスです。

昨今のデジタル化の流れにより、ご自身で情報収集等を行い、株式投資を行うお客さまは増加傾向にあります。しかし、時に高度な情報分析により株価の動向を予測し、また株価を頻繁にチェックし、適切な売買タイミングを見極めることは非常に難しいとの声もあります。そこでSMBC日興証券は、投資戦略の一つであるロスカット&プロフィットホールド戦略※3(以下「LC-PH戦略」)と、HEROZが開発したAIによる高精度な株価トレンド予測を組み合わせ、株式の売却タイミングをお知らせするサービスを開発いたしました。なお、このような個人のお客さま向けに、AIを活用して株式の売却タイミングをサポートするサービスは日本初であり、特許を国際出願中です。

SMBC日興証券では、「お客さま本位のデジタライゼーション」を実現するための様々な取組を実践しており、HEROZとともに開発したAIを活用し、3月にサービス提供を開始しました「AI株式ポートフォリオ診断」につきましても、多くのお客さまにご利用いただいております。本サービスも含め、今後も最新技術を活用し幅広いお客さまにご利用いただける、サービスを提供してまいります。


原文はこちら
https://www.smbc.co.jp/news/pdf/j20190723_01.pdf

15:01 | 金融:銀行
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.