金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【金融業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/11/09

【りそなホールディングス】2019年(平成31年)3月期第2四半期決算発表

| by:ウェブ管理者
■親会社株主に帰属する中間純利益 :1,221億円
 (うちKMFG 46億円(統合一時利益除き)、目標比+6億円)
 前同比+280億円(+29.8%)、通期目標比進捗率61.0%
 実質前同比+240億円(+24.4%)
 ・統合一時利益(398億円)除き中間純利益:822億円

■業務粗利益 :3,368億円
 実質前同比+38億円(+1.1%)
 フィー収益の増加(+67億円)が預貸金利益の減少
 (△55億円)を上回り、反転増益。収益構造改革が進展
 ・国内貸出金平残+2.80% 国内預貸金利回り差△6bp
  中小企業向け貸出が引き続き全体を牽引し、
  平残増加率は期初通期計画(+1.95%)を上回り推移
  預貸金利回り差は計画インライン
 ・フィー収益比率 29.6%、実質前同比+1.6%
  ファンドラップ、保険、住宅ローン関連が全体を牽引

■経費 :△2,111億円、実質前同比△9億円
 厳格な経費コントロールを継続、通期計画内で推移

■与信費用 :51億円(戻入れ)、実質前同比△22億円
 新規発生は低水準を継続、戻入れは減少

【第2四半期】
2019年3月期第2四半期決算短信 (PDF:1.74MB)
https://www.resona-gr.co.jp/holdings/investors/ir/kessan_c/download_c/files/20181109_1a.pdf

2019年3月期第2四半期決算ハイライト (PDF:347KB)
https://www.resona-gr.co.jp/holdings/investors/ir/kessan_c/download_c/files/20181109_2a.pdf


原文はこちら
https://www.resona-gr.co.jp/holdings/investors/ir/kessan_c/index.html

15:06 | 金融:銀行
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.