金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【金融業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/11/09

【長野銀行】平成31年3月期第2四半期決算短信

| by:ウェブ管理者
1.当中間決算に関する定性的情報

(1)経営成績に関する説明
当中間連結会計期間におけるわが国経済を顧みますと、世界景気の緩やかな回復を背景に、企業収益は改善しております。また、雇用情勢も着実に改善するなか、個人消費は持ち直しており、景気は緩やかな回復基調が続いております。

しかしながら、中国をはじめとするアジア新興国等の経済の先行き、米国政権との通商問題の動向や相次いでいる国内の自然災害の経済に与える影響等について留意する必要があります。

このような金融経済環境のもとにあって、当行グループは、引き続き、役職員一体となって業容の拡充と経営の一層の効率化に努めてまいりました。この結果、次のような経営成績となりました。

連結経常収益は、前中間期比1億 22 百万円減少して 106 億 66 百万円となりました。一方、連結経常費用は、前中間期比1億 21 百万円増加して、92 億 83 百万円となりました。この結果、連結経常利益は前中間期比2億 44 百万円減少して 13 億 82 百万円となり、親会社株主に帰属する中間純利益は前中間期比5億 42 百万円減少して9億 34 百万円となりました。

当行グループの中心となる当行単体の経営成績につきましては、経常収益は前中間期比1億 15 百万円減少の 81 億 34百万円、経常費用は前中間期比1億 18 百万円増加の 68 億 19 百万円、経常利益は前中間期比2億 33 百万円減少の 13億 14 百万円、中間純利益は前中間期比5億 20 百万円減少の9億2百万円となりました。


原文はこちら
http://www.naganobank.co.jp/uploaded/attachment/4643.pdf

15:03 | 金融:銀行
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.