金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/10/11

【弥生】弥生、最新デスクトップアプリ「弥生 19 シリーズ」を10月19日(金)に一斉発売 ~「法令改正対応」と「継続的な機能強化」により会計の業務効率を改善~

| by:ウェブ管理者
弥生株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡本 浩一郎)は、デスクトップアプリケーションの最新バージョン「弥生 19 シリーズ※1」を、10月19日(金)に一斉発売します。

「弥生 19 シリーズ」の主な強化ポイントは、法令改正への対応と継続的な機能の強化です。2019年以降、新元号や消費税率の引き上げ、軽減税率の導入など法令改正が続きますが、「弥生 19 シリーズ」では新元号への対応※2、消費税率10%の入力・自動計算※3、明細ごとの課税区分における軽減税率8%の選択などに対応します。さらに今後も続く法令改正にご対応いただくため、初年度無償で提供する「あんしん保守サポート 初年度優待制度」を新たに開始します。また、弥生会計ラインアップ※4の自動取込・自動仕訳機能「スマート取引取込※5」の自動仕訳精度やAPI連携も機能強化しており、お客さまの会計業務はより一層効率化されます。

弥生は、今後もスモールビジネスに寄り添い、テクノロジーと人の力でお客さまの円滑な業務遂行および事業の成功を支援します。

■法令改正への着実な対応
・新元号への対応
2019年5月施行の新元号に対応。新元号の正式決定後、新元号に対応したプログラムをオンラインアップデート※6でご提供します。対象製品は「弥生 19 シリーズ」全製品です。

・消費税法改正への対応
2019年10月施行の消費税率引き上げ・軽減税率の導入について、以下の機能を提供します。対象製品は「弥生会計 19 」「やよいの青色申告 19」「弥生販売 19」「やよいの見積・納品・請求書 19」です。
 ・消費税率10%の入力・自動計算※3
 ・明細ごとの課税区分で軽減税率8%の選択

・「あんしん保守サポート 初年度優待制度」で継続的にサポート
2019年以降も継続する法令改正のなか、安心して業務を進めていただくために、「あんしん保守サポート※7」を初年度無償で提供する「初年度優待制度※8」を開始します。

■継続的な機能強化による業務効率改善
「業務3.0※9」を推進する弥生は、弥生会計ラインアップの自動取込・自動仕訳機能である「スマート取引取込」について継続的に機能強化を予定しています。現在、連携に対応している金融機関は法人口座3,000件以上を含む、全国5,000件以上※10で、これは法人口座のオンラインバンキングを提供している金融機関の99%になります。今後は順次、連携に対応している金融機関に対して、より信頼性の高いAPI方式に切り替えていきます。また、AIを活用した推論精度向上により業務効率化を進化させ、更なる利用者の拡大とお客さまの利便性向上に努めます。

■おかげさまで前期過去最高の売上を達成
弥生シリーズ誕生30周年であった前期※11、弥生はおかげさまで過去最高の売上を達成、登録ユーザー数もデスクトップアプリケーションとクラウドアプリケーションの両輪で着実に拡大し170万※10を突破しました。また、業界シェアも継続してデスクトップアプリケーション※12、クラウドアプリケーション※13ともにNo.1を獲得し、多くの事業者にご利用いただいています。


原文はこちら
https://www.yayoi-kk.co.jp/company/pressrelease/20181011-01.html

15:08 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.