金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/07/13

【トランビ】静清信用金庫と国内最大の事業承継・M&AマーケットTRANBI(トランビ)、事業承継問題の解決に向け静岡県の信用金庫初となる業務提携を開始~静岡県中部地域の中小事業者さまへM&Aによる事業承継機会を提供~

| by:ウェブ管理者
 静清信用金庫(本店:静岡市葵区昭和町2番地の1)と国内最大の事業承継・M&Aマーケット「TRANBI(トランビ)」(URL: https://www.tranbi.com)を運営する株式会社トランビ(本社:東京都港区 代表取締役社長:高橋聡)は、事業承継問題を抱える中小事業者様への事業承継支援サービスの提供について、2018年7月13日より業務提携を開始いたします。本提携は静岡県の信用金庫として初の提携であり、TRANBI(トランビ)の全国ネットワークを活用した事業承継支援サービスの拡大事例として、先進的なモデルになるものと考えております。

■業務提携の背景

 「静清信用金庫」の中心的な営業エリアである静岡県において、帝国データバンクの行った「事業承継に関する静岡県内企業の意識調査(2017年)」によれば、静岡県内の企業の72.8%が事業承継を「経営上の問題」と認識しています。一方、事業承継の計画の有無について、「計画はない」と答えた企業は32.0%にのぼり、「何らかの計画がある」企業も依然として43.3%に留まっています。また、事業承継の「計画はない」あるいは「計画を進めていない」理由を尋ねたところ、「後継者が決まっていない」との回答が43.5%と最も高くなっているほか、「自社株など個人資産の取扱い」や「借入に際しての個人保証」なども事業承継を妨げる要因となっていることが伺えます。

 他方、「すでに事業承継を終えている」と回答した企業のうち、翌年度の業績に「プラスの影響があった」と回答した企業は「マイナスの影響があった」とする企業の約3倍となっており、早期の事業承継が経営活動に好影響を及ぼす実態が示されています。人口減少や技術伝承など課題を抱える地域経済が今後持続的な成長を遂げるためにも、「事業承継」の重要性は一段と高まっています。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000027440.html

16:00 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.