金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/06/14new

【Paidy】オンラインショッピングの決済に関する調査レポート~希望の決済手段がなければ、70%超の人がそのまま離脱してしまう~

| by:ウェブ管理者
株式会社 Paidy(東京都港区、代表取締役社長:杉江 陸、以下、Paidy)は、2018 年 3 月に、18~59歳の男女約 1,000 人を対象に、オンラインショッピング時に使用する決済に関する調査を実施いたしました。

【調査概要】

調査名:お買い物に関するアンケート
調査方法:インターネット調査
調査対象: 18 歳~59 歳の男女のうち、半年以内にオンラインショッピングを利用した方
調査期間:2018 年 3 月 22 日(木)~3 月 27 日(火)
発表日:2018 年 6 月 14 日(木)
有効回答数:1,034 名

【調査結果の概要】

■ 翌月払い・後払いのサービスはいずれも認知度が上昇傾向にある
各決済手段の認知度を全体でみると、クレジットカードが 97.7%、代金引換が 93.9%、電子マネー・プリペイドが 87.3%の順で高いという結果になりました。Paidy(ペイディー)を含む主要な後払い・翌月払いの認知度は 50.2%で、後払い・翌月払い決済を個別にみると、Paidy が 2017 年に実施した同様の調査と比較し、いずれも 5 ポイント以上の増加となっています。


原文はこちら
http://download.paidy.com/press_releases/2018/20180614_PR_Research_Report.pdf

15:06 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.