金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【金融業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/06/13new

【大和証券グループ本社】持続可能な開発目標(SDGs)達成に資するJICA政府保証外債発行のお知らせ~開発途上国等の経済・社会の開発のための資金調達を支援

| by:ウェブ管理者
このたび大和証券グループは、独立行政法人国際協力機構(以下「JICA」という)が 2018 年 6 月12 日に発行した、政府保証外債の引受主幹事を務めましたので、その概要についてお知らせいたします。

本債券発行による調達資金は、2015 年に日本政府によって“国際社会の平和と安定及び繁栄の確保により一層積極的に貢献すること”を目的に定められた開発協力大綱に沿った適格プロジェクトに充当される予定です。当該適格プロジェクトを通じて、JICA は開発途上国等の経済・社会の開発促進と SDGs(Sustainable Development Goals:国連持続可能な開発サミットにて採択された 17 のゴールと 169 のターゲットからなる持続可能な開発目標)達成に取り組んでいきます。

JICA は、SDGs の前身である MDGs(ミレニアム開発目標)においても、途上国で貧困に苦しむ人口の削減、乳幼児死亡率の削減、水や衛生施設の提供など大きな成果を上げてきました。これらの知見・経験、そして 60 年に及ぶ開発協力の経験とネットワークを生かし、SDGs 達成に向けても積極的に取り組んでおり、日本政府の SDGs 推進にあたり 17 のうち 10 のゴール(※)について中心的役割を果たすこととしています。
※ 10 のゴール:2 飢餓をゼロに、3 すべての人に健康と福祉を、4 質の高い教育をみんなに、6 安全な水とトイ
レを世界中に、7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに、8 働きがいも経済成長も、9 産業と技術革新の基
盤をつくろう、11 住み続けられるまちづくりを、13 気候変動に具体的な対策を、15 陸の豊かさも守ろう

本起債では社会的責任投資に関心の高い投資家を含む多様な投資家から旺盛な需要を集め、オーダーブックは約 10 億米ドルに到達しました。投資家属性別販売構成は、中央銀行・公的機関19%、銀行 39%、アセットマネジャー11%、保険・年金 31%、また、地域別販売構成は、米州9%、アジア 81%、欧州・中東・アフリカ 10%となりました。

大和証券グループは、過去10年以上にわたる継続的な商品の開発と提供を通じて、社会的課題の解決や未来の社会および金融・資本市場の発展に寄与すべく尽力してまいりました。また、本年より代表執行役社長 中田誠司を委員長とした『SDGs推進委員会』を設置しております。今回のSDGs達成に資するJICA政府保証外債の販売はそうした取り組みの一環であり、当社グループは今後も、SDGs達成に向けて貢献するとともに、投資家の皆さまに新たな投資機会を提供してまいります。


原文はこちら
http://www.daiwa-grp.jp/data/attach/2509_78_20180613a.pdf

15:08 | 金融:証券
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.