金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【金融業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/05/16

【経済産業省】産業サイバーセキュリティ分野において日独連携に関する共同文書を公表しました

| by:ウェブ管理者
日独連携の枠組みの下で進めてきた製造業におけるサイバーセキュリティ分野に関する協力について、両国専門家による検討の成果と今後の方針等を、共同文書として取りまとめました。

1.概要
Connected Industriesを実現するにあたって重要である産業サイバーセキュリティについて、日独は平成28年4月に協力関係を構築して以降、両国専門家による会合を定期的に開催し、積極的に検討を進めてきています(日本側の検討母体はロボット革命イニシアティブ協議会(以下、RRI))。
この度、両国専門家による検討の成果、及び今後の方針等をとりまとめ、独ベルリンで開催された国際カンファレンス「Securing Global Industrial Value Networks synchronising international approaches」において共同文書として発表しました。

2.経緯
・平成28年4月に「日独IoT/Industrie4.0協力に係る共同声明」を経済産省、独・経済エネルギー省の次官級で締結して以降、国際標準化やサイバーセキュリティ等の分野ごとに日独の専門家を交えた協力を開始しました。

・その後、平成29年3月のCeBIT(ドイツ情報通信見本市)に日本がパートナー国として参加したことを契機に、日独協力を更に強化する「ハノーバー宣言」に両国大臣が署名し、当該分野での両国の協力を深化させてきています。

・産業サイバーセキュリティ分野では、日独の産業間において、これまで8回の日独専門家会合を開催し、情報共有を行うとともに、双方の考え方について意見交換をしてきました。

・専門家会合の議論を踏まえ、今般、企業や国境を越えたデータ交換や取引が増加する中、安全なサプライチェーンの実現には関係する者の信頼性の確保等が重要であり、そうした議論を進める土台として将来シナリオを共有しつつ、組織、ヒト、コンポーネント、データ、手順、システムといったセキュリティ確保上で鍵となる要素に関して検討が重要である旨等を記した共同文書をとりまとめました。

・今回の日独協力の連携強化により、今後、産業サイバーセキュリティ要件の具体化を行い、議論を先導していくことを目指しています。


原文はこちら
http://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180516001/20180516001.html

15:07 | 金融:行政・取引所・団体
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.