金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/03/14

【日本ユニシス】日本ユニシス、三谷産業、三重銀行が意思決定の迅速化とペーパーレス化促進の基盤として「POWER EGG」を利用開始

| by:ウェブ管理者
日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:平岡 昭良、以下 日本ユニシス)と三谷産業株式会社(本社:石川県金沢市、代表取締役社長 三谷 忠照、以下 三谷産業)および子会社であるディサークル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長、西岡 毅、以下 ディサークル)は、株式会社三重銀行(本店:三重県四日市市、代表取締役頭取:渡辺 三憲、以下 三重銀行)へポータル型グループウエア、ワークフローシステム「POWER EGG(パワーエッグ)」を導入し、利用が開始されました。

「POWER EGG」は、2018年2月末時点で、国内1,265社(自治体:78団体 金融機関26社を含む)約386,100ライセンスの販売実績を有しています。日本ユニシス、三谷産業では、今回の三重銀行での実績をもとに、「POWER EGG」の金融機関への展開をさらに加速していきます。
尚、今回、「POWER EGG」をBCP対策が施された仮想基盤上に構築したことにより、既存リソースの有効活用と低コストでのBCP対策を実現しています。

【「POWER EGG」導入の目的と期待される効果】

三重銀行は、既存業務でのペーパーレス化および業務手順見直しを行い、「働き方」を変えることで、生産性向上を進め、経費削減および業務時間短縮を推進することを目的に、「POWER EGG」の採用を決定し、2017年10月から営業店・本店での本番利用を開始しています。

三重銀行が「POWER EGG」導入により目指す効果は以下のとおりです。

ペーパーレス化
各種書類(各種稟議/報告書/リーガルチェック等)の回覧や決裁の電子化による行内業務円滑化とペーパーレス化

業務の見える化
必要な情報のみを伝達するポータルによる行内業務・情報の見える化

システムの効率化
Webデータベースの活用による新たなシステム投資の抑制

【今後の展開】
日本ユニシス、三谷産業は、今回の三重銀行での実績をもとに、POWER EGGの金融機関への展開をさらに加速していきます。


原文はこちら
http://www.unisys.co.jp/news/nr_180314_power_egg.html

17:13 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.