金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/03/13

【NTTデータ】山陰合同銀行にてRPAソリューション「WinActor」の本格運用を開始~預金調査各種照会取得などの業務を自動化し、年間3,600時間の削減効果~

| by:ウェブ管理者
株式会社NTTデータ中国(以下:NTTデータ中国)および株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、株式会社山陰合同銀行(以下:山陰合同銀行)の業務効率化に向けたRPA(Robotic Process Automation)注1ソリューション「WinActor(ウィンアクター)」の本格運用を、2018年3月より開始しました。

山陰合同銀行では、2017年8月より「WinActor」のトライアルを実施してきました。トライアルでは、特に自動化による時間短縮効果が見込めると判断した預金調査各種照会取得業務注2や月例定型業務などの11業務について取り組みを行い、年間3,600時間の時間削減効果について確認することができました。

今後2社は、山陰合同銀行における適用業務の拡大に向け、経営の効率化に向けたさらなる支援を進めていきます。



原文はこちら
http://news.jp.nttdata.com/c.p?02czK151WX

17:08 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.