金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/06/26

【Keychain】取引内容が確認されない分散台帳 Keychain実装についてのリリース

| by:ウェブ管理者
合同会社Keychain(所在:東京都港区南青山、共同創設者:ジョナサン ホープ、三島 一祥)は、取引内容が開示されない分散台帳、「デジタル・アセット・プラットフォーム(以下「DAP」)」を複数企業において実装したことをお知らせします。

■分散台帳「DAP」の詳細については、Keychainのウェブサイトをご覧ください。
http://www.keychain.io/ja/

デジタル・アセット(価値)の取引を記録する分散台帳技術においては、取引を行っている当事者以外にも内容が開示されてしまう秘匿性の問題が大きな課題です。

Keychainの分散台帳DAPはすべての取引を暗号化することで問題を解決しました。
暗号資産などの法規制に準拠する企業および政府機関などは、分散台帳DAPを利用することで、少ない費用で様々なデジタル・アセット(価値)を発行し、スマートフォンやIoTで取引するインフラを、短期間に実現できるようになります。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000021131.html

15:06 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.