金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2016/10/10

【NTTデータ】地銀共同センター参加行と共にこれまでにない新たな金融関連サービスを創発、報道関係者向けに「BeSTA FinTech Lab立ち上げに伴う説明会」を開催!

| by:サイト管理者

 2016年10月6日(木)、NTTデータは、NTTデータ豊洲イノベーションセンタINFORIUM(インフォリウム)において、報道関係者向けに「BeSTA FinTech Lab立ち上げに伴う説明会」を開催した。

 NTTデータは、2013年9月から約3年間にわたり全社レベルの活動として取り組んできた、同社の顧客企業、ベンチャー企業、NTTデータの3者によるオープンイノベーションを目指す「豊洲の港から」のほか「新規ビジネス創発ワーキンググループ(事業部を横断するリーンスタートアップによるビジネス開発手法)」や「Digital Corporate Accelerate Program (DCAP)」などを踏まえ、今回、その取り組みを加速し、同社の地方銀行向け基幹系アプリケーション「BeSTA(ベスタ)」を利用する地銀共同センター参加行と共にこれまでにない新たな金融関連サービスを創発することを目的として「BeSTAFinTechLab」組織立上げを決定、2016年度下期中にLabオフィスの立ち上げ、開発環境の構築・提供を予定しているという。

 2016年10月6日時点の参加行は、青森銀行、秋田銀行、岩手銀行、足利銀行、千葉興業銀行、北越銀行、福井銀行、京都銀行、池田泉州銀行、鳥取銀行、四国銀行、大分銀行、西日本シティ銀行、愛知銀行の14銀行(銀行コード順)。



 冒頭の挨拶と「BeSTA FinTech Lab」組織概要について、同社 第二金融事業本部 第二バンキング事業部長 林 徹氏が登壇。参加した報道関係者へのお礼の言葉と共に、Labの特徴や活動の全体像について解説。(司会は、NTTデータ 広報部 課長代理 近藤 武氏)

 林氏は、地方銀行を取り巻く環境変化として、脅威(セキュリティ、決済手段の多様化、人口減少)と、機会(銀行法改正、地方創生、決済高度化、オムニチャネル、ビッグデータ)に触れ、ITによるコスト削減や効率化のみならず、これからの共同センターのスキームをどのように拡大・発展させていくか参加行と議論を重ねてきた結果、新たな領域にチャレンジすべく、これまでのIT資産(ソフト・ハード)の共同化から「知恵」の共同化(チャレンジの成果の共有)を進めていくために「BeSTA FinTech Lab」を立上げ、参加行と共にイノベーションを推進していくことに至った背景を明かした。

 一方、NTTデータ自身も変革の必要性を認識し、持続的なビジネスを生み出していくべく、「何をすればいいかわからない」、「誰と組むべきかわからない」、「それを試す環境がない」といった金融機関の課題に対して、プレイヤー、場、環境を提供していくとし、実証を通じたトライ&エラーにより、これまでにない新たな金融関連サービスを作り上げていくほか、地方銀行にとどまらず他業態(流通、製造等)企業を含めた多様な組織との交流・連携の場として共同ワークスペース(開発環境、Labオフィス)を提供するなど、専門人材による経営支援・アドバイスなどを通じてベンチャー企業を支援、社会・経済に貢献していく考えを示した。当初は開発やオープンイノベーションに強い人材を中心に年内を目途い10名ほどの体制とし、今年度中に物理的なLab環境を構築、将来はサービス提供銀行の拡大、更には全社拡大(FinTech以外の領域)を目指していくという。

 なお、同社と地銀共同センター参加行の経営幹部との「戦略会議」は、2016年11月中旬に開催される「Singapore FinTech Festival」への参加と合わせてシンガポールで行う予定だという。



 その後の質疑応答や個別取材では、同社 第二金融事業本部 第二バンキング事業部 第二バンキング統括部 地銀共同企画担当 部長 松原 久善氏、および同社 イノベーション推進部 オープンイノベーション事業創発室 部長 花谷 昌弘氏、林氏が応対。記者は列をなし質問や意見交換を行う姿が広がった。



 2016年7月1日、千葉銀行は、フィンテックの調査・研究、フィンテックを活用した金融サービスの企画・開発等を目的とした子会社「T&Iイノベーションセンター株式会社」を設立。出資各行(千葉銀行 40%、第四銀行 10%、中国銀行 10%、伊予銀行 10%、東邦銀行 10%、北洋銀行 10%、日本アイ・ビー・エム 10%)とともに、より利便性の高い商品・サービスの提供を実現し、地域の顧客に選ばれる銀行を目指していくと発表した。

 政府が掲げる地方創生の掛け声の下、金融業を取り巻く環境の変化の中において、今回の「BeSTA FinTech Lab」設立をはじめ、全国の地域金融機関が直面する共通の課題解決と個別の戦略と挑戦により、企業・経済の持続的成長と安定的な資産形成につながる銀行経営の変革、そして、これまでにない新たな金融関連サービスの創造に向けて、金融機関、IT企業、フィンテック企業による垣根を越えたオープンイノベーションの動きが加速していくことに期待したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




16:40 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.