金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【金融業界ニュース】 >> 記事詳細

2017/10/24

【みずほ銀行】【FinTech】「みずほダイレクトアプリ」の更新系APIの提供開始ならびに自動貯金アプリ「finbee」との連携開始について~オープンイノベーション/「貯蓄から資産形成へ」のサポート~

| by:ウェブ管理者
株式会社みずほ銀行(頭取:藤原 弘治)は、個人のお客さま向け「みずほダイレクトアプリ」において、2016 年 9 月に提供開始済の残高・入出金明細の「照会系 API」に加えて、資金移動が可能な「更新系 API」の提供を本日より開始します。(※1)
同時に、株式会社インフキュリオン・グループ(代表取締役:鎌田大輔、丸山弘毅)の子会社である株式会社ネストエッグ(代表取締役:田村栄仁)に「みずほダイレクトアプリ」の更新系 API を提供するとともに、株式会社ネストエッグがサービス展開中の自動貯金アプリ「finbee」との連携も開始します。

自動貯金アプリ「finbee」とは、貯金の目的や目標金額、貯金の積み立てルールを簡単に設定でき、お客さまのライフスタイルに合わせた貯蓄をサポートするサービスです。今般、みずほ銀行の更新系 API を連携することにより、お客さまは、目的別の貯金をみずほ銀行の口座を通じて、シームレスに、安全にご利用いただけます。

(※1)Application Programming Interface の略。外部のサービスとシステム連携をするためのプログラムやインターフェース。

今般の当行 API 提供および外部企業連携を通じて、さらなるオープンイノベーションを推進するとともに、「①保有する預金口座の一覧把握(Moneytree 社連携(2017 年 5 月))」から「②余剰資産の貯蓄(本件)」、「③資産形成(みずほダイレクトによる定期預金取引等)」による、安心、安全で便利な「貯蓄から資産形成へ」の仕組みを構築していきます。


原文はこちら
https://www.mizuhobank.co.jp/release/pdf/20171024release_jp.pdf

16:02 | 金融:銀行
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.