金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2017/04/18

【カブドットコム証券】国内金融機関初!FinTech×EdTechソリューションで、理想の"学び"をサポートするオンライン投資教育講座「kabu.study(カブスタディ)」のローンチイベントを開催!

| by:ウェブ管理者

 2017年2月7日(火)、カブドットコム証券は、港区六本木にあるべルサ―ル六本木において、投資教育講座コンテンツ「kabu.study(カブスタディ)」ローンチイベントを開催した。

 カブドットコム証券が提供を開始した、「kabu.study(カブスタディ)」は、ベネッセと提携する世界最大級のオンライン教育プラットフォーム「Udemy(ユーデミー)」と国内の金融機関で初めて連携し制作した投資教育講座コンテンツ。投資に関心はあるが、投資教育に触れられる機会が少ない投資初心者が多い現在、クイズや用語集、豊富なカテゴリーから選択できる講座などを通し、日本人の金融リテラシーの向上を目指す。



 冒頭に、主催者挨拶として、齋藤 正勝氏(カブドットコム証券 取締役 代表執行役社長)から、本日のイベントの狙いとして、今回の試験的な投資教育というものを三菱フィナンシャル・グループ内全体で発展させていきたい旨を語った。また、従来の投資教育の反省点は2つあるとし、1つは金融機関が全面的に出ており教育のプロの監修が十分ではなかったこと。そして2つ目は、座学のセミナー中心でネットをうまく活用できていなかったことだと指摘した。その中で自身がUdemyの利用者であることもあり、Udemyとの連携に大きな期待を抱いていると述べた。


 続いて、Richard Qui氏(Udemy社 VP of Buisiness Development)より、Udemyは人々が学びを通して人生をより良いものにするために世界中でサービス展開しており、人が何かを学びたい、スキルアップをしたいと願うときに誰もがピッタリの先生を見つけられる世界を目指し活動していると語った。また、「カブドットコム証券との連携により日本人の方々がすぐに使える金融投資の知識を用い、日々の生活をより豊かに過ごせることを願う」とし、連携への期待を表明した。(写真左)
 さらに、福光 賢治氏(ベネッセコーポレーション 学校カンパニー カンパニー戦略部 部長)より挨拶。これからの時代の教育改革について言及し、子供だけでなく社会人やビジネスマンにも主体的、能動的に学ぶ事の出来る人材を育成することは変わらないと語った。(同右)
 二人の説明が終わると、「kabu.study」の紹介動画が流された。本動画では現在の日本社会の社会的な問題(高齢化・少子化問題、超低金利時代長期化)などがグラフやデータを元にわかりやすく説明され、これからの時代において我々はどのように金融投資に向き合っていくかが3分程度の動画に収められおり、「kabu.study」をより理解するためにもぜひ見てほしい。


 続いて「kabu.study(カブスタディ)」講座概要説明では、松永 亜弓氏(カブドットコム証券 営業推進部 UX戦略グループ)(写真左)および、鈴木 一生氏(Udemy社 Japanese Market Manager)(同右)より、今日の日本の投資教育に関する社会的背景の説明と、今回カブドットコム証券が国内の金融機関で初めてUdemyと連携に至った経緯やコンテンツ、サービスについての詳細な説明がされた。


 そして、伝統芸ともいえるギャグで有名なダチョウ倶楽部さん(上島 竜兵さん、肥後 克広さん、寺門 ジモンさん)と、「ぺこ」という愛称で親しまれるオクヒラテツコさんの4人がゲストとして登場。

 「kabu.study」第1弾「1日でマスター!今日からはじめる資産形成」講座の講座講師を務めるファイナンシャルプランナーの丸山 晴美先生も解説に加わり、投資や株、資産運用に関するトークセッションおよびクイズ対決が行われ、大いに盛り上がった。なお、見事オクヒラテツコ(ぺこ)さんは全問正解したが、ダチョウ倶楽部さんは一問間違えてしまったので一番"Hot"な銘柄の株、ならぬ"熱々な"カブを食べることで、身をもって「kabu.study」への熱意を体感してもらった。


 最後に、本日の講演者、スペシャルゲストによるフォトセッションの時間が設けられ、「kabu.study」ローンチイベントは終了した。その後、ダチョウ倶楽部さんとオクヒラテツコ(ぺこ)さんによる囲み取材があり、ぺこさんの新婚生活の話に花が咲いた。

 「kabu.study」では、既に講座第1弾「1日でマスター!今日からはじめる資産形成」の提供を開始している。カブドットコム証券で口座開設している人は無料で利用できるので、ご興味のある方は、ぜひこちらをご確認いただきたい。 

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )



17:17 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.