金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【金融業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/06/26

【日本取引所グループ】日中ETFコネクティビティ記念セレモニーの開催について

| by:ウェブ管理者
6月25日、日本取引所グループと上海証券取引所との間で構築した「日中ETFコネクティビティ」(中国語名:日中ETF互通)に基づくETFが、日本と中国で同時上場し、「日中ETFコネクティビティ記念セレモニー」が日本・東京および中国・上海において開催されました。

東京で行われたセレモニーには、金融庁、上海証券取引所、日中金融機関をはじめとする多くの市場関係者の皆様にお越しいただき、当該ETFの誕生をお祝いしました。

日本にはこれまでも中国株ETFが上場していましたが、日本株ETFの中国上場は今回が初の事例となり、日本と中国のETF相互上場が実現しました。今回、上海証券取引所には、南方基金によりTOPIXに連動するETFが、華安基金、華夏基金、易方達基金により日経平均株価に連動するETFが上場しました。これにより、中国の投資者は当該ETFを通じて日本株へアクセスすることが可能となりました。東京証券取引所においても、三菱UFJ国際投信によりSSE180に連動するETFが、アセットマネジメントOneによりCSI500に連動するETFが上場し、日本の投資者にとっても選択肢の幅が広がりました。

セレモニーの冒頭、清田 瞭(きよた あきら)日本取引所グループCEOは、「今回、ETFが架け橋となって、日中資本市場を相互に結びつけました。日中資本市場の規模から考えると、現時点では小さな一歩かもしれませんが、大きな可能性を秘めた偉大な一歩であると考えています。ようやくつながったこのパイプを、市場関係者の皆様とともに大きく育ててまいりたいと思います。日本取引所グループとしましては、引き続き、今回のスキームを用いるETFの普及・拡大を図りつつ、皆様方と協力しながら日中クロスボーダー取引の活性化を通じて両国資本市場の更なる発展に寄与してまいりたいと思います。」と述べました。


原文はこちら
https://www.jpx.co.jp/corporate/news/news-releases/0070/20190625-01.html

15:10 | 金融:行政・取引所・団体
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.