金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【金融業界ニュース】 >> 記事詳細

2016/10/03

【りそな銀行】ブロックチェーン技術を活用した新たな国内外送金業務の検討について

| by:ウェブ管理者
りそなグループのりそな銀行(社長 東 和浩)は、SBIホールディングス株式会社及びSBI Ripple Asia株式会社が事務局を務める「国内外為替の一元化検討に関するコンソーシアム」の発足メンバーとして参加することで、合意いたしました。

本コンソーシアムでは、ブロックチェーン技術の活用により、国内外の送金を一元的に扱えるシステムの構築を検討いたします。これにより、従来の全銀システムでの国内送金やSWIFTによる海外送金では対応しきれない新たなサービスの提供を目指します。


国内為替、海外送金システムを一元化し多様な送金・決済ニーズに対応

現在、りそなグループではグループ間24時間365日振込できるサービスを提供していますが、本コンソーシアムで検討するシステムの活用により、国内送金のみならず海外送金の24時間365日取扱が可能となります。また、送金コストを抑えることが可能となり、少額送金などのお客さまの多様なニーズへも柔軟に対応できることが見込まれます。


原文はこちら
http://www.resona-gr.co.jp/holdings/news/resona_c/20161003_1a.html

19:07 | 金融:銀行
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.